FXで両建てを使った手法〜メリット・デメリット徹底解説〜

FXで両建てを使った手法〜メリット・デメリット〜

FXで両建てって使った方がいいの?

両建ての使い方を知りたい…

両建て使ったら、稼げるの?

このような疑問をお持ちじゃないでしょうか?

FX相場は、一方向に動くことはなく、ジグザグと上がったり下がったりを繰り返します。

これを全て取れたら、利益が上がります。

両建てならこれが可能です。

今回の記事では、両建ての手法とメリット・デメリットについて解説しました。

本記事を読むことで、

  • 両建てのメリット・デメリット
  • 両建てを使った手法
  • 両建ての注意点

このようなことが学べます。

両建てをどのように使えばいいのかについて解説します。

「両建て」とは?:ロング・ショートポジションを両方持つこと

「両建て」とは、文字通りロングとショートを両方持つことです。

FXでは、一方向に動くことはほぼなく、上下を繰り返して動いていきます。

そのため、両建てを上手く使うことにより、利益を拡大させることができる手法です。

ただし、間違った両建ての使い方をしている場合があるため、FX業界で「両建ては不要」「両建ては意味がない」と言われていることもあります。

逆に、「両建て最強」と言われることもあります。

ここから分かるとおり、間違った使い方をすると「両建ては意味がない」と言われるますが、正しい使い方をすれば「両建ては最強」と言われる手法です。

今回の記事で、正しい両建て方法を覚えてください。

両建ての間違った使い方:含み損の固定化

両建ては、その性質上間違った使い方をしているトレーダーがいます。

両建ての間違った使い方の代表例が、含み損の固定化です。

両建ての間違った使い方:含み損の固定化

両建ての間違った使い方で、含み損を固定化させる手法があります。

上図のように、ショートでエントリーしたけども、そのまま上昇して行ったため、含み損に耐えかねてロングでエントリーします。

ショートポジションで含み損を抱えていたため、ロングでエントリーすることにより、含み損が固定化されます。

この手法は、その後上がっても下がっても含み損が変動することはありません。

ここから、全ての含み損を回避するためには下図のような状況が必要になります。両建ての間違った使い方:含みの固定化②

上記の状態になってやっと、プラスマイナス0です。

労力の割に、対価が見合っていません。

だから、「両建ては意味がない」と言われてしまいます。

さらに、スワップポイントは、プラスのスワップポイントよりも、マイナススワップポイントの方がおおいF X会社が多いため、スワップポイントの差額分マイナスになります。

これはまだ、プラスマイナス0まで行っていますが下図のように、中途半端なところでレンジになると、しばらく何もできない期間が発生するため、完全に悪手です。

両建ての間違った使い方:含み損の固定化③

含み損を固定化する両建ては、一般的に言われている通り意味がないためやらないようにしましょう。

両建ての正しい使い方:含み益の固定化

両建ての正しい使い方:含み益の固定化

両建ての正しい使い方は、含み損の固定化です。

デイトレードやスイングトレードの場合だと、必ず含み益が減るタイミングあります。

それは、相場が一方通行で動くことがないため、必ず上昇トレンドでも下げる場面があるからです。

この場合、上昇トレンドだと分かっていても、含み益が減ってしまうことはメンタル的に大きい負荷がかかります。

さらに上昇と連トレンドから、下降トレンドに変わってしまうかもしれません。

下降トレンドに変わってしまった場合、ロングだけだったら含み益がなくなって利益を失ってしまいます。

これを回避することができるための手法が、両建ての正しい使い方です。

両建ての正しい使い方:疑問点

含み損の時と一緒じゃない?

こういう疑問が出て来るかと思います。

確かに、固定化されていることは一緒です。

しかし、固定化されているものが、含み損か含み益では、両建てをした理由が大きく違います。

含み損が発生している状態で、両建てをするときの理由は、

これ以上損を大きくしたくない…

含み損の両建ては、ほぼ間違いなくこう言う思考でしょう。

つまり、損をしたくなくて両建てした場合は、含み損がなくなるまで保有しておくことが前提の両建てです。

損をしないための条件として、ロングポジションとショートポジションの2回エントリー位置まで動かないと決済できません。

逆に、含み益がある場合はどうでしょうか?

上昇トレンドだけど、反発ポイントだし少しは下落するかな?

リスク回避で両建てしておくか

含み益を固定している場合、上昇しても、下落しても動いたとしても利益がでます。

仮に上昇した場合、ショートポジションをエントリー価格で決済したとしても、さらに利益を伸ばすことができるでしょう。

下落した場合も一緒で、ロングポジションをエントリー価格で決済すれば、さらに利益を伸ばすことができます。

このように、決済の難易度が変わってきます。

だからこそ、両建てをし含み益の固定化することに意味があります。

さらにエントリー価格より前で、決済すると利益を伸ばすことができるでしょう。

正しい使い方:手法(エントリー)

手法?利益が出たら両建てにするだけでしょ?

これは違います。

両建てをするならタイミングが非常に重要です。

下手なタイミングで、両建てをした場合利益の増加が望めなくなります。

両建ての正しい使い方:エントリー位置が大事失敗例

上図のようなエントリーでは、利益が固定化されたことにより、せっかくのロングポジションの含み益を増やすことができません。

そのため、的確なタイミングでエントリーする必要があります。

両建ての正しい使い方は、3つのステップで構成されます。

  • ステップ①:反発ポイントを探す
  • ステップ②:反発を確認する
  • ステップ③:エントリー

ステップ①反発ポイントを探す

両建てを有効的に使うためには、反発ポイントを探し、利益を固定化する必要があります。

反発ポイントを探すときは、普通のエントリーと同じようにテクニカル分析を使った手法を使用します。

すでに使っている手法があれば、それを使ってもいいですし、悩むようであれば、【FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜】を参考にしてください。

私が、メインで使っている手法です。

ステップ②反発を確認する

反発ポイントの目星がつけば、本当に反発するかを確認する必要があります。

反発ポイントの確認で役に立つものが、平均足です。

平均足を使うことで、反発を簡単に確認することができます。

平均足の使い方について知りたい方は、【FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜平均足を徹底解説〜】を参考にしてください。

平均足の時間軸は、あなたのトレードスタイルによって変わってきます。

目安を書いておきます。

  • デイトレード:1時間足
  • スイングトレード:4時間足
  • ポジショントレード:日足

人により、別の時間軸が良いと思う場合もあるでしょう。

その場合は、今回の目安に拘らずあなたにあう時間軸に変更してください。

もしまだ、あなたのトレードスタイルが決まっていないようであれば、【「FX」トレードスタイル診断〜FX初心者は○○トレードがおすすめって本当?〜】で、トレードスタイル診断ができますので、参考にしてください。

ステップ③エントリー

ステップ②で反発が確認できれば、あとはエントリーするだけです。

エントリーするときに必ず確認しておくべき項目として、「両建てができる設定になっているか」を確認してください。

両建て設定ができていないと、持っているポジションを決済するだけで終わってしまいます。

FX会社のアプリやブラウザで注文設定の保存ができますので、両建てを使う場合は、必ず許可する設定にしておきましょう。

また、海外口座を利用している場合、両建てを禁止している業者が多いです。

海外のFX会社を使用していて、両建てを検討している場合、まずは両建てができるのか必ず確認しておきましょう。

正しい使い方:手法(決済)

両建てを使った手法の決済方法を3種類あります。

状況により使い分けて使用してください。

  • 決済方法①:建値決済
  • 決済方法②:反発決済
  • 決済方法③:トレール決済

決済方法①:建値決済

建値とは、エントリーした価格のことを言います。

建値で決済するなら、両建てしなくて良いのでは?

このように、思うかもしれません。

確かに、利益だけ見るとそう感じるでしょう。

スワップポイントが取られる上、スプレッド分がマイナスになります。

しかし、両建てをすることによりリスクが回避できています。

両建てをするタイミングのリスクとは、今まで上昇トレンドだったけれども、下降トレンドにも変わってしまう可能性があることです。

もし、上昇トレンドが継続する場合、下降トレンドの転換リスクがなくなるため、ショートポジションを建値で決済し、再度上昇トレンドに乗ることができます。

逆に下降トレンドの転換してしまった場合は、ロングポジションを決済することにより、今度は下降トレンドに乗ることができます。

つまり、どちらに動いたとしても、トレンドについていけます。

もし、スワップポイントやスプレッド分が気になる場合は、その分を建値に足した数値で決済すれば問題ありません。

決済方法②:反発決済

決済の時でも、エントリー時と同様、テクニカル分析をしようし、反発を確認したら利益確定しまう方法です。

利益が残しやすい手法です。

その分、ポジションが一方向だけになってしまうため、逆行すると利益が減ってしまうリスクが残ります。

決済方法③:トレール決済

トレール決済とは、上昇トレンドの場合、レートが上昇していくにつれ、逆指値決済の価格も上昇していく決済方法です。

FX会社によっては、取り扱ってない注文方法のため、分かりやすく図にまとめました。

トレール注文とは?

上図のように、価格が上がるにつれ、トレール注文も設定した幅で上がっていきます。

しかし、価格が下がった場合は、一番高くまで上がった設定幅から下がることがありません。

つまり、設定した幅を調整することで、反発したときに自動で決済してくれます。

トレール注文を設定しておくことにより、仕事中や家事中に反発しても適切な価格で利益確定できるでしょう。

この方法を使うことで、両建てでも、利益が残しやすくなります。

設定幅については、通貨ペアやトレードスタイルにより異なります。

平均的な数値は、デイトレードで30PIPS、スイングトレード・ポジショントレードで50PIPSくらいです。

あくまでも平均的な数値ですので、実際に使ってみてあなたと相性の良いPIPS数を見つけてください。

たまにトレール注文が使えないFX会社もありますので、あなたが使っているFX会社がトレール注文できるか確認してみるといいでしょう。

トレール注文ができる、おすすめのFX会社は、ヒロセ通商【LION FX】です。

アプリでもトレール注文ができますので、トレール注文に興味がある場合は開設してください。

両建てのメリット

両建ては、特殊な手法のため、両建てを推奨するトレーダーと、しないトレーダーがいます。

両建てを使うメリットは、大きいです。

メリットは大きく分けて3つあります。

  • メリット①:利益を伸ばすことができる
  • メリット②:利益の固定化ができる
  • メリット③:落ち着いてみれる

メリット①:利益を伸ばすことができる

両建てで一番大きいメリットは、利益を最大化できることです。

相場は一方向で動くことはないため、長期目線であればあるほど、上がり下がりを繰り返します。

その中の細かい値幅を取ることができれば、2度美味しい状況が作れるでしょう。

メリット②:利益の固定化ができる

両建ては、利益の固定化ができます。

そのため、上昇しても下降してもどちらでもいい状態を作ることができます。

新たなトレンドが発生した段階で、どちらかのポジションを決死すればさらに売り上げを伸ばすことができるようになるでしょう。

メリット③:落ち着いてみれる

利益を固定化することによって、相場で上昇するのか下降するのか一喜一憂せずに観察することができます。

トレンド→レンジになる場面では、次に上昇するのか下降するのかを見極める必要があります。

含み益がある状態で、冷静にその判断ができるようになるには、強固なメンタルが必要です。

利益が固定されていることで、気軽な気持ちで相場を分析することができるようになるでしょう。

両建てのデメリット

両建てを推奨しないトレーダーは、両建てにはデメリットもしっかり存在するから推奨していません。

メリットとデメリットを天秤にかけて、メリットが大きいと思えば使ってください。

逆にデメリットが大きいと思えば、知識として入れておくだけにしましょう。

  • デメリット①:タイミング
  • デメリット②:証拠金
  • デメリット③:スワップポイント・スプレッド

デメリット①:タイミング

両建ての最大のデメリットは、タイミングです。

エントリータイミングも失敗すると。両建ての意味がなくなってしまいます。

決済も、見誤ったタイミングで決済してしまうと、利益が逆に減ってしまう場合もあるでしょう。

両建てをする場合は、テクニカル分析を行ってから、行動に移す必要があります。

デメリット②:証拠金

両建てをする場合、証拠金が2倍かかるFX会社が多いです。(ロングとショート分)

そのため、両建てをする場合は、証拠金を多めにしておく必要があります。

FX会社によっては、証拠金一方通行分しかかからない場合もありますが、ほとんどのFX会社はかかりますので、かかるものだと思ってた方がいいでしょう。

デメリット③:スワップポイント・スプレッド

両建てをするとスワップポイントとスプレッド代2倍かかることになります。

無計画な両建てをしてしまうと、無駄な経費がかかってしまうことになります。

決済のタイミングで、回収することは十分に可能ですので、スワップポイントやスプレッド分でマイナスになる場合は、調整して決済するようにしましょう。

両建てにおすすめのFX会社

両打をするなら、マイナススワップが少ないFX会社を選ぶ必要があります。

FX会社によりスワップポイントはだいぶ違いますので、特に少ないFX会社を紹介します。

みんなのFX

先進国通過(USD、EURなど)は、マイナススワップポイントとプラススワップポイントの乖離が少ないです。

新興国通貨(MXN、ZARなど)は、マイナススワップポイントとプラススワップポイントの乖離が全くありません。

マイナススワップポイントとプラススワップポイントの乖離がないFX業者は、かなり貴重ですので、新興国通貨で、両建てをしたいと思われている場合は、みんなのFXが非常におすすめです。

ただし、トレール注文はできませんので、決済の方法は「建値決済」か「反発決済」の2種から選ぶ必要があります。

みんなのFXは、他社との差別化されているツールを提供していたり、スワップポイントが多いなどがあり、さらにおすすめできます。

みんなのFXについて興味がある方は関連記事を参考にしてください。

ヒロセ通商

ヒロセ通商はアプリでも、トレール注文ができます。

プラススワップポイントよりも、マイナススワップポイントが乖離があるため、長期間保有する両建てには向きませんが、デイトレードで両建てする上ではかなり優秀です。

他のトレール注文ができるFX会社でもマイナススワップポイントは、かなり乖離があるため、トレール注文を視野に入れて両建てする場合は、アプリでトレール注文ができるヒロセ通商がおすすめです。



ヒロセ通商について詳しく知りたい方は、関連記事を参考にしてください。

まとめ

両建ては、使い方によって良いものにも悪いものにもなります。

通常の手法に比べ、難易度は高いです。

そのため、しかし使いこなせれば利益拡大につながりますので、参考になったと言う方は、ぜひトレードに活かしてください。

両建ての手法以外に、誰でも簡単に使える手法の解説もしていますので、ご興味があればこちらも参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA