FXの基本!エリオット波動について解説!

あなたはトレードする際、エリオット波動を意識してますか?

トレードに置いてエリオット波動を意識しておくことで、利益を伸ばすことが可能です。

エリオット波動について覚えてトレードに活かして下さい。

今回の記事では、

・エリオット波動って聞いたことはあるけど、どう言うものかよくわからない。

・利益を残すことは可能だが、大きく残すことができない。

・エリオット波動の理屈はわかるけど、トレードでの活かし方がわからない。

このような方に、覚えて欲しい内容です。

今後のトレードの参考にして下さい。

エリオット波動とは?

エリオット波動とは、相場のパターンには一定の波を形成して動くと言う理論です。

FXに限ったことではないですが、相場は上がり続けることや下がり続けることはありません。

上がったり下がったりを繰り返しながら、チャートを築いていきます、

この上がったり下がったりの動きに法則を当てはめて考えられたテクニカル分析をエリオット波動と言います。

エリオット波動の基本

エリオット波動の基本的な考え方は、上昇トレンドの場合「推進5波、修正3波」このような考え方です。

上昇(1波)→調整(2波)→上昇(3波)→調整(4波)→上昇(5波)→下降(1波)→調整(2波)→下降(3波)

この流れで1つの周期として構成されます。

実際の図で確認してみましょう。

上昇トレンドはこれが1つ周期です。

この逆の流れが下降トレンドです。

エリオット波動3原則

①上昇(3波)が、1波・5波と比べた時、一番短くなることはない。

②上昇(1波)の上昇を完全に打ち消すような調整(2波)の下落はない。

③調整(4波)の下落は、上昇(1波)の頂点よりも下がることはない。

この条件を満たした場合、エリオット波動が成立していることになります。

エリオット波動が成立していれば、その後の予想が立てやすくなりますので、意識しておきましょう。

しかし、エリオット波動が成立していたとしても、100%エリオット波動通りの展開になるとは限りません。

他のテクニカル分析同様、単体で考えるのではなく、他のテクニカルと組み合わせてエントリーの根拠として使いましょう。

エリオット波動には、エクステンション(延長)と言う現象もあります。

詳しい説明は別記事にします。

軽く触れておくと、エクステンションは、7波や9波になることもあります。

あくまでも細かく見ると7波や9波に見えると言うだけで、大枠で見ると5波に収まります。

イメージがつかない方は、明日単体で記事を作成しますのでそちらを確認して下さい。

記事を載せ次第リンクを貼っておきます。

エリオット波動を使った手法

エリオット波動と相性が良いテクニカルツールは、フィボナッチリトレースメントです。

エリオット波動だけでは、どこで反転するか分かりません。

そこで反転ポイントとして力を発揮するものが、フィボナッチリトレースメントです。

実際の手法としては、2通りです。

①上昇(1波)が終了後、調整(2波)の終了を予測

②上昇(3波)が終了後、調整(4波)の終了を予測

上昇の波が発生した起点→頂点にフィボナッチを引きます。

フィボナッチの38.2%〜61.8%で反発したところでエントリーしていきます。

38.2%にも届かず上がって行ってしまった場合は、1波継続の可能性があります。

61.8%を超えていった場合は、全戻しされてエリオット波動が成立しない可能性があります。

そのため、61.8%を明確に超えたら損切りです。

実際のチャートを参考にしてみてみましょう。

USD/JPY 日足チャートです。

ちょうどエリオット波動になっていました。

USD/JPY、今後の展開が気になるところです。

私の主観では、今後のFOMCでドル高になって、ドル円も上がるのでないのかなと思っています。

私自身109円付近でポジションは、少しだけ持っていますが…楽しみです。

それでは、フィボナッチを使った後の、上昇1波の拡大図をみてみましょう。

しっかり、61.8%で反転しています。

フィボナッチ、実に不思議ですが、黄金比なるもので、人間が無意識に好む数値で、なぜか意識されるテクニカル分析です。

みての通り、まさにそこで反転しています。

このように、エリオット波動とフィボナッチの相性はいいです。

さらに平均足と組み合わせたら、なかなか優秀な手法になるでしょう。

フィボナッチについてもっと知りたい方はこちらを

FX初心者は覚えておこう!フィボナッチリトレースメント

平均足についてもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。

FX初心者におすすめトレンド見極めに最適!平均足!

まとめ

エリオット波動は、FXや株に携わっている人なら、覚えておいた方が良い知識です。

今回の記事を参考に、今後のトレードに活かして下さい。

それでは今回のまとめです。

エリオット波動とは?

相場のパターンには一定の波を形成して動くと言う理論です。

FXに限ったことではないですが、相場は上がり続けることや下がり続けることはありません。

上がったり下がったりを繰り返しながら、チャートを築いていきます、

この上がったり下がったりの動きに法則を当てはめて考えられたテクニカル分析をエリオット波動と言います。

エリオット波動の基本的な考え方

上昇トレンドの場合「推進5波、修正3波」このような考え方です。

上昇(1波)→調整(2波)→上昇(3波)→調整(4波)→上昇(5波)→下降(1波)→調整(2波)→下降(3波)

エリオット波動3原則

①上昇(3波)が、1波・5波と比べた時、一番短くなることはない。

②上昇(1波)の上昇を完全に打ち消すような調整(2波)の下落はない。

③調整(4波)の下落は、上昇(1波)の頂点よりも下がることはない。

この条件を満たした場合、エリオット波動が成立していることになります。

エリオット波動を使った手法

エリオット波動と相性が良いテクニカルツールは、フィボナッチリトレースメントです。

エリオット波動だけでは、どこで反転するか分かりません。

そこで反転ポイントとして力を発揮するものが、フィボナッチリトレースメントです。

実際の手法としては、2通りです。

①上昇(1波)が終了後、調整(2波)の終了を予測

②上昇(3波)が終了後、調整(4波)の終了を予測

上昇の波が発生した起点→頂点にフィボナッチを引きます。

フィボナッチの38.2%〜61.8%で反発したところでエントリーしていきます。

エリオット波動の続きの記事も書いています。

続きが気になる方は、こちらも参考にしてください。

FXで知っておかなければ始まらない!エリオット波動、エクステンションについて解説!

今回定時したUSD/JPYですが、実は上昇トレンド3波後は、かなり少なめな調整でした。

もしかすると5波として認識しているところまでが、3波の可能性があります。

これでやっと、38.2%で反発したと認識できます。

今後の相場展開は誰にも予想できませんが、ファンダメンタルズ的にも、エリオット波動的にもこれからさらにUSD/JPYは、上昇すると私は予想しています。

確実ではないですが、ご自身の相場感と合わせて、参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA