FXで知っておかなければ始まらない!エリオット波動、エクステンションについて解説!

前回エリオット波動について、解説しました。

今回は、エリオット波動で、起こるエクステンションという現象について解説します。

前回の記事はこちら

FXの基本!エリオット波動について解説!

前回の記事を読んでいただいた方ならわかるかと思いますが、例題で出していた図にもすでにエクステンションが発生していました。

今回の記事は、

・エリオット波動についてさらに詳しく知りたい

・エリオット波動は知っているけど、エクステンションってなに?

・前回の記事を読んで、あれ?これは。波の数え方おかしくない?

このような疑問をお持ちの方向けの記事です。

エクステンションってなに?

エクステンションとは、1つの波が延長して、長いトレンドを作ることを言います。

これは、1波、3波、5波のいづれかが、延長されるパターンもあります。

エリオット波動を使いこなす上で、エクステンションの知識は必ず必要になります。

前回取り上げた、チャート画面でも上昇(3波)の中に小さい波を打っています。

赤枠で波を打っています。

このように、1回終わったかのように見えてもう1度押しを作り上昇していく波長のことです。

エクステンションは3波で起こりやすいと言う人もいれば、5波で起こりやすいと言う人もいます。

これについては諸説ありますので、どこで起きてもいいように考えておくことが重要です。

ご自身で検証して、どちらの結論が合っているか検証してみてもいいと思います。

私は、固定概念を持たない方がいいと言う結論に達しました。

当然1波でも起こることはあります。

また、1波にしか起こらないという人もいれば、複数波に起こると言う人もいます。

固定概念を持たない方が良いものの2つ目です。

エクステンションの注意点

エリオット波動自体、動いている相場で判断することが非常に困難です。

特にエクステンションが起きているとまず判断することはできないです。

よって、エリオット波動の上昇波や下降波に逆らった逆張りは避けるべきです。

まとめ

今回はエリオット波動のエクステンションについて解説しました。

正直諸説あるため、どれが正解と言いにくいテーマです。

ただ、1つ言えることは固定概念は持たない方がいいです。

エクステンションというものが存在していて、通常のエリオット波動とは少し違う動きをする可能性があると覚えておきましょう。

また、エリオット波動は、過去のチャートに引くことは簡単ですが、現在進行形のチャートに当てはめると非常に判断しにくいです。

エリオット波動を手法に組み込む場合、フィボナッチリトレースメントなどと組み合わせトレードしていくといいと思います。

今回は、前回のエリオット波動の補助的な記事にですので、前回のエリオット波動のサブとして使っていただく記事です。

よろしければ参考にして下さい。

FXの基本!エリオット波動について解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA