これを知っておけばFXでの利益が加速する!恐怖指数(VIX指数)とは?

あなたは、恐怖指数(VIX指数)というものをご存知でしょうか?

知っている方は、すでに利益を延ばせているトレーダーかもしれません。

FXをする上で恐怖指数と言うものは切っても切り離せない関係にあります。

今回は、FXでの利益を加速させる恐怖指数(VIX指数)の考え方について開設しました。

今回の記事は、

・恐怖指数(VIX指数)ってなに?

・恐怖指数(VIX指数)は知っているけど、トレードの活かし方がわからない

このような方に、読んでほしい記事です。

今後のトレードの参考にして下さい。

恐怖指数(VIX指数)とは?

S&P500のボラティリティを測定している指数です。

アメリカの株式市場全体のボラティリティを図る指数として使われています。

○○ショックなど、大きく経済にダメージを与える可能性があることが起こる時に注目される指数です。

最近では、コロナショック発生時に、大きく上昇しました。

このように相場参加者が、不安や恐怖を持った時に上昇する指数のため、恐怖指数と言われています。

直接的な、影響は株価に出てます。

しかし、株価が上がるor落ちる=為替に影響を与えることになりますので、FXをトレードする上でも意識しておかなければいけない指数です。

恐怖指数(VIX指数)の特徴

恐怖指数(VIX指数)で、リスクオンorリスクオフを判断します。

・恐怖指数(VIX指数)が20以上の時=リスクオフ

・恐怖指数(VIX指数)が20以上の時=リスクオン

2021年5月27日現在VIS指数は、18くらいです。

そのため、現在はリスクオンです。

恐怖指数(VIX指数)が安定している場合は、為替への影響はほとんどありません。

しかし、○○ショックなどで恐怖指数(VIX指数)が上昇した時は、為替に影響を及ぼします。

トレーダーの私達にとっては、稼ぎ期となります。

恐怖指数(VIX指数)は、通常のFX会社のアプリで見ることはできません。

確認方法は、ブラウザで検索をするか、トレーディングビューで確認する方法があります。

特にトレーディングビューは、ウィジェットに対応しているため、携帯をみるタイミングで確認することが可能のためおすすめです。

もし、まだ使われていないようであれば、ぜひ使ってみて下さい。

トレーディングビューに関する記事は以前書いていますので、よろしければそちらも参考にして下さい。

FXやるならチャート分析ツールを使おう!Tradingviewについて

恐怖指数(VIX指数)の活用方法

アメリカの株価が下がる=アメリカの株を持っている投資家が自国の通貨に戻す動きが発生します。

そのため、恐怖指数(VIS指数)が上がった時がトレードチャンスになる可能性があります。

特に動きやすい通貨は、AUD(豪ドル)、NZD(ニュージランドドル)、ZAP(南アフリカランド)が代表的な通貨です。

コロナショックの時も豪ドルの底値と恐怖指数(VIX指数)の高値が同じ時期になっていることがわかると思います。

本当にそうなの?と思った方はぜひ過去検証してみて下さい。

びっくりするほど当てはまるでしょう。

この法則がわかっていると収益を残せる確率が上がります。

南アフリカランドは、新興国通貨と言うこともあり、スワップポイントも狙えるため非常におすすめの通貨ペアです。

もし南アフリカランドを取引する場合は、「みんなのFX」がスワップポイントに力を入れいます。

現在キャンペーンもやっており、スプレットも通常0.8PIPSですが、一定の時間限定で0.3PIPSになるイベントもやっています。

今後キャンペーンにピッタリ当てはまるかは分かりませんが、今後のトレードに間違いなく貢献してくれるFX会社でしょう。

もしまだ開設していなければ、開設はしておきましょう。

まだ開設されていない方はこちらから開設しておいて下さい。



今後必ずあなたのトレードの役に立ちます。

まとめ

今回は、恐怖指数(VIX指数)について、解説しました。

恐怖指数(VIX指数)を知っておくことにより、トレードで収益が残しやすい状況を作ることができます。

最近、コロナショックが起きたばかりなので、すぐにはVIX指数が急騰することは無いかもしれません。

しかし、いつの日か必ず来ます。

その日のために、恐怖指数の内容は頭の片隅にでも入れておくようにして下さい。

それでは、今回のまとめです。

恐怖指数(VIX指数)とは?

S&P500のボラティリティを測定している指数です。

アメリカの株式市場全体のボラティリティを図る指数として使われています。

恐怖指数(VIX指数)の特徴

恐怖指数(VIX指数)で、リスクオンorリスクオフを判断します。

・恐怖指数(VIX指数)が20以上の時=リスクオフ

・恐怖指数(VIX指数)が20以上の時=リスクオン

恐怖指数(VIX指数)が安定している場合は、為替への影響はほとんどありません。

しかし、経済指標などで恐怖指数(VIX指数)が上昇した時は、為替に影響を及ぼします。

恐怖指数(VIX指数)の活用方法

恐怖指数(VIS指数)が上がった時がトレードチャンスになる可能性があります。

特に動きやすい通貨は、AUD(豪ドル)、NZD(ニュージランドドル)、ZAP(南アフリカランド)が代表的な通貨です。

現在、恐怖指数(VIX指数)は20以下のリスクオフで安定してきています。

こういう時期だからこそ、今後の○○ショックに対して、備えておけば収益が最大化します。

次の○○ショックに備え今後のトレードに活かして下さい。

追伸:私は今度○○ショックが起きた時は、南アフリカランド/円をハイレバレッジで買うと決めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA