FXトレードでは、オセアニア市場は基本無視!その理由を解説

あなたは、オセアニア市場でのトレードをしていますか?

基本的には、オセアニア市場でのトレードは一部を除いておすすめしません。

今回は、

オセアニア市場ってなに?

おすすめしない理由が知りたい

オセアニア市場でトレードして良いタイミングは?

このような方におすすめの記事です。

今後のトレードの参考にして下さい。

オセアニア市場とは?

オセアニア市場とは、5:00〜8:00くらいまでの時間を言います。

日付変更線がニューヨークとの間にあるため1日の市場の中で最も早く開かれる市場です。

オセアニア市場を無視する理由

①相場参加者が少ない

相場参加者が少ないため、値動きがほぼなくレンジになりやすい傾向があります。

仮に、オセアニア時間でトレンドを築いたとしても、相場参加者が増えた時に覆されることがあります。

これでは、利益を残すことができません。

②スプレッドが開いている

相場参加者が少ないため、スプレッドが開きやすい時間です。

あなたも朝トレードしようと思ったらスプレッドが普段の何倍にもなっている光景をみたことがあるかと思います。

スプレッドはFXにとって経費にしかならないため、少しでも少ない時にエントリーした方が得です。

スプレッドが開いている間は手を出さないようにしましょう。

スプレッドが閉じる時間帯は、FX会社や、日により様々です。

もし朝トレードしたい場合は、比較的スプレッドが早めに狭くなる「みんなのFX」がおすすめです。

私が使っている数多のFX会社の中でも、比較的早い段階でスプレッドが縮まります。

以上2点の理由により、オセアニア市場では、トレードをしないことをおすすめします。

しかし、オセアニア市場でも必ずチェックをした方が良い曜日と言うものが存在しますので、そこについては次の章で書きます。

オセアニア市場でも必ず確認したい曜日

こんなオセアニア市場ですが、唯一必ず確認した方が良い曜日があります。

それが月曜日です。

FXは、土日に大きなニュースがあったとしても、トレードをすることができません。

そのため、月曜日の朝に大きく動く場合があります。

最近相場に大きな影響を与えた月曜日と言えば、TRYの大暴落です。

2021年3月に土日で大きいニュースが流れ、15円以上あった価格が月曜日の早朝に13円を割るところまで一気に暴落しました。

この時のニュース記事をみていると200万円あった証拠金が、800円になったなどの記事がのっているくらいの、かなり大きなインパクトがあった出来事でした。

大きいニュースがあったときは特にみて欲しいですが、月曜日の朝は窓埋めトレードもできるため、毎回確認することを推奨します。

窓埋めトレードについて知りたい方は、こちらの記事をお読み下さい。

FX初心者でも80%確率で利益が残せる!窓埋めトレード手法

まとめ

今回は、オセアニア市場は基本無視をしていい理由について書きました。

私自身、オセアニア市場は月曜日以外トレードをほぼしません。

ご自身の生活環境によっては、どうしても朝じゃないと仕事に行く前にトレードができないと言う方もいるでしょう。

その場合は少なくても、スプレッドが狭くなってからのトレードをすることをおすすめします。

それでは、今回のまとめです。

オセアニア市場とは?

オセアニア市場とは、5:00〜8:00くらいまでの時間を言います。

日付変更線がニューヨークとの間にあるため1日の市場の中で最も早く開かれる市場です。

オセアニア市場を無視する理由

①相場参加者が少ない

②スプレッドが開いている

しかし、オセアニア市場でも必ずチェックをした方が良い曜日と言うものが存在します。

オセアニア市場でも必ず確認したい曜日

それが月曜日です。

FXは、土日に大きなニュースがあったとしても、トレードをすることができません。

そのため、月曜日の朝に大きく動く場合があります。

大きいニュースがあったときは特にみて欲しいですが、月曜日の朝は窓埋めトレードもできるため、毎回確認することを推奨します。

今回の記事が参考になったと言う方はぜひトレードに活かして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA