あなたの損切りラインみられている?ストップロスの活用!

まるで自分の損切りラインを、誰かにみられていると感じたこともあるのではないでしょうか?

もしかしたら、その損切りラインは誰かにみられているのかもしれません。

今回は、なぜ損切りした後に思っていた方向に動いてしまうのか?

ここについて詳しく解説していきます。

今後のトレードに活かせる知識ですので、ぜひ最後までお読み下さい。

まとめで、コンパクトにまとめていますので、時間がない方はまとめだけでも読んでみて下さい。

誰かにみられている?と感じる原因

あなたが損切りをおくときはどう言う根拠で置いているでしょうか?

「安値がこの辺りだからこの安値より少し下げたところに損切りラインを置いておこう」

「ブレイクしたけど、またレンジに戻ってきたら損切りしよう」

損切りラインを定める根拠は色々あります。

実は、この考え方、、、他のトレーダーも同じような考え方をしている可能性が高いです。

「誰かにみられている?」こう感じる原因はここにあります。

正確には、あなたのポジションを直接みているわけではないです。

投資家がみているものは、どのレートにどれくらいの損切りが溜まっているのかを見ています。

相手の損切りを有効活用

FXは、トレーダー個々が他のトレーダーに、損をさせて利益をあげている世界です。

多くのトレーダーが、このあたりに損切りラインを置いてあると分かっていた場合、あなたならどうするでしょう?

誰かを損切りをさせることにより、自分は利益を得ることができるならば、誰かの損切りを誘発させる行動を取りますね?

もう負ける相手が明確なのであれば、利益をあげるトレーダーからすればチャンスです。

そのため、損切りラインがわかりやすいところでは、狙われるリスクが高いです。

現在のレートが、損切りラインを決めやすいところ注意する必要があります。

赤いところでロングを入れた場合、損切りは直近安値より少し下に設定する方は多いです。

そのため、損切りラインに触れると連鎖的に損切りが続きます。

例えば、ロングポジションを持っているトレーダーが、損切りをした場合

ロングポジションの損切り=ショートになります。

そのため、下落トレンドが発生している中で、強制的にショートさせられるため、さらに下に価格は伸びていくことになります。

その後ショート勢の利確+新規ロング勢が入っていることにより、相場の転換期を迎えるかもしれません。

このように、現在ポジションを持っているトレーダーが、どこでポジションを投げるのかを把握することが分かれば、あなたは利益をあげることが可能になります。

ストップロスを狙ってるような強い値動きがあった場合は、積極的にポジションを取っていくと利益が出しやすくなります。

ストップロスを見極める

損切りを利用することは、分かった。

でも、どこに他のトレーダーが損切りラインを置いているかがわからない。

このようは、場合でも安心して下さい。

FX会社が提携しているマーケット情報で、簡単に確認することができます。

下の図はみんなのFXのマーケットニュースの画像です。

マーケットニュースをみていると、黄色枠で囲んだうような文言が書かれているニュースをみたことがあるのではないでしょうか?

当サイトでも、NYオプションカット時に取り上げたニュースです。

実は、ストップロスを確認する上でも、非常に便利なニュース内容になっています。

黄色枠で囲まれているところに「ストップロス」と書いてあることがわかると思います。

このレート付近に多くの人が、損切りラインを仕込んでいるところがわかります。

他のFX業者でも同じように見ることは可能です。

もし同じ画面が見たいとのことであれば、みんなのFXを開設してみて下さい。

みんなのFXは、他にも非常に使いやすいFX会社なのでおすすめです。

みんなのFXに関する記事が気になる方はこちらも参考にして下さい。

みんなのFXのアプリを使ってみた結果、使いやすかった!便利なところ5選!

まとめ

今回は、ストップロスの活用法について書きました。

ストップロスは、FX口座を持っている人であれば誰でも確認することができます。

全ての通貨ペアのストップロスが見れるわけではありませんが、主要な通貨ペアは見ることができますので、ぜひ活用してみて下さい。

それでは今回のまとめです。

誰かにみられている?と感じる原因

間接的にはみられていると思っても良いです。

正確には、あなたのポジションを直接みているわけではないです。

投資家がみているものは、どのレートにどれくらいの損切りが溜まっているのかを見ています。

相手の損切りを有効活用

FXは、トレーダー個々が他のトレーダーに、損をさせて利益をあげている世界です。

例えば、ロングポジションを持っているトレーダーが、損切りをした場合

ロングポジションの損切り=ショートになります。

そのため、下落トレンドが発生している中で、強制的にショートさせられるため、さらに下に価格は伸びていくことになります。

現在ポジションを持っているトレーダーは、どこでポジションを投げるのかを把握することが分かれば、あなたは利益をあげることが可能になります。

ストップロスを見極める

FXでは、損切りラインを見極めることが出来るツールがあります。

FX会社が提携しているマーケット情報です。

このレート付近に多くの人が、損切りラインを仕込んでいるところがわかることができれば、トレードを有利に運ぶことができます。

以上、参考にしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA