「みんなのFX」便利ツール〜ヒートマップ徹底解説〜

「みんなのFX」便利ツール〜ヒートマップ徹底解説〜

「ファンダメンタルズ分析を、出来るだけ簡単に使えるようになりたい…」

「ヒートマップってなんなの?」

「みんなのFXにある、ヒートマップの使い方が分からない…」

このような、悩みをお持ちではありませんか?

ヒートマップは、一部のFX会社や情報提供サイトで確認することができます。

あまり提供しているところがないため、書籍などで取り上げられることはあまりありません。

しかし、ヒートマップを使えるようになると、ファンダメンタルズ分析を簡単することができるようになります。

今回の記事では、「みんなのFX」のアプリにあるヒートマップの解説しました。

本記事の内容
  • ヒートマップとは
  • ヒートマップの活用方法
  • ヒートマップと相性の良い手法

このようなことが学べます。

今回の記事は、「みんなのFX」のアプリ内にあるサービスの解説です。

開設していないと使えないサービスですので、開設してから読んでください。

「みんなのFX」をまだお持ちじゃない場合は、【話題の「みんなのFX」の評判・口コミはどうなっている〜メリット・デメリット徹底解説〜】を参考にしてください。

みんなのFXの公式でも動画解説しています。

\\無料口座開設・管理費無料//
ファンダメンタルズ分析ってなに?
ファンダメンタルズ分析は、対象の国の経済状況などを参考に、値動きを予想していく分析方法です。

ヒートマップとは?

みんなのFX:ヒートマップとは?

ヒートマップは、「みんなのFX」で確認することが出来ます。

更新頻度は、1時間毎で、世界中のニュースや、SNSテキストを参考にしていてファンダメンタルズの観点から、通貨強弱をみることができます。

みんなのFXは2種類あります。

  • ①マップタイプ:通貨単体の強弱を可視化されている
  • ②ランキングタイプ:通貨ペアごとの強弱を可視化されている

テクニカル分析の観点で、通貨の強弱をみたい場合は、同じみんなのFXが提供している「通貨強弱」で確認できます。

詳しく知りたい方は、【「みんなのFX」便利ツール〜「通貨強弱」徹底解説〜】にしてください。

ヒートマップの表示内容

ヒートマップには、2種類の表示方法があります。

ここでは、各ヒートマップの表示内容について解説していきます。

  • 表示内容①マップタイプ
  • 表示内容②ランキングタイプ

表示内容①:マップタイプ

マップタイプは、地域ごとにファンダメンタルズ分析を、通貨の強弱をまとめたツールです。

マップタイプは、通貨単体の通貨強弱を知ることができます。

ヒートマップのマップタイプでは、38通貨の通貨強弱を確認することができます。

マップタイプ①:表示内容

ヒートマップの表示内容:マップタイプ

あなたの取引したい通貨が、どのようなファンダメンタルズ状態なのか、1時間ごとに確認することができます。

また、マップタイプでは、色ごとに通貨の強弱を見ることができます。

色によりファンダメンタルズから見たときの、通過強弱を見ることが出来ます。

ヒートマップの強弱

このように簡単に通貨ごとの強弱を把握することができます。

上図のように、赤いほど強い通貨であることを表しています。

逆に青ければ弱い通貨強弱です。

強い時は買いのサイン、弱ければ売りのサインです。

1時間ごとに更新されています。

あなたが取引できる時間の2〜3時間前くらいから確認してください。

表示時間の変更方法については、次項で解説します。

また、取引する市場が変わると変動する場合があります。

例:東京時間→ロンドン時間になったタイミングなど

このような区切りの時間付近のヒートマップを確認することにより、その市場の動きを予想できるようになるでしょう。

マップタイプ②:時間変更

通常ヒートマップを表示させた段階では、「現在」のヒートマップが表示されています。

過去の情報が知りたい場合は、同じヒートマップ画面内で変更することができます。

確認方法は下図を参考にしてください。

ヒートマップの表示内容:表示時間の変更方法

マップタイプ③:通貨単体の強弱

ヒートマップでは、通貨単体の強弱を詳しくチャートのように確認することが出来ます。

下図の手順でタップすることで、対象通貨の地図と通貨単体の48時間分強弱を確認することができます。

ヒートマップの表示内容:48時間分の通貨強弱確認

表示内容②:ランキングタイプ

ヒートマップの表示内容:ランキングタイプ

ランキングタイプは、通ペアごとにファンダメンタルズの強弱が簡単に確認できます。

通貨ペアごとに確認ができるため、マップタイプよりも分かりやすい指標になるでしょう。

図のように、表で簡単に確認することができます。

  • 赤いバーで表示されている通貨ペアがロングに向いている通貨ペア
  • 青いバーで表示されている通貨ペアがショートに向いている通貨ペア

さらに、バーの長さで通貨ペアごとの強弱を確認することができます。

バーが長いほど、ロング・ショートに向いている通貨ペアです。

バーが短いほどレンジ相場になる可能性が高いです。

ヒートマップの活用

\\無料口座開設・管理費無料//

ヒートマップの活用①:テクニカル分析

ヒートマップの活用:テクニカル分析と一緒に使う流れ

ヒートマップは、ファンダメンタルズ分析を可視化したものです。

そのため、テクニカル分析と一緒に使うと効果的です。

ファンダメンタルズ分析は、大きなトレンドを作るためには、欠かせない要因の1つです。

しかし、ファンダメンタルズ分析だけでは、どのタイミングでエントリーすればいいのか分かりません。

そのため、テクニカル分析を使いエントリーのタイミングを探していきます。

エントリーまでの流れは下記の通りです。

エントリーまでの流れ
  1. テクニカル分析を使い、反発ポイント見定める
  2. ヒートマップを使い、ファンダメンタルズ分析での方向性確認
  3. テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析の方向性があったときにエントリー

ヒートマップと相性の良い、テクニカル分析を使った手法について詳しく知りたい場合は、FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜を参考にしてください。

ヒートマップの活用②:デイトレード

ヒートマップの更新タイミングは、1時間です。

1時間の更新だと、最も適しているトレードスタイルは、デイトレードです。

スキャルピングだと遅いですし、スイングトレードで使えるほどのファンダメンタルズ分析のデータはそこまで多く出てきません。

もちろん更新タイミングに合わせて使用すれば、スキャルピングでもスイングトレードでも活用できます。

もし、あなたのトレードスタイルが決まっていなければ、トレードスタイル診断ができる記事も書いているので、【「FX」トレードスタイル診断〜FX初心者は○○トレードがおすすめって本当?〜】を参考にしてあなたのトレードスタイルを確立してください。

みんなのFX

今回紹介したヒートマップは、「みんなのFX」が提供しているアプリやPC用ツールで確認することができます。

マップタイプだけならば、提供しているツールもありますが、通貨ペアランキングまで提供しているところはなかなかありません。

みんなのFXでは、他にも使えるツールを数多く提供しています。

みんなのFXが提供している、他のツールについて知りたい場合は、「みんなのFX」は差別化ができている〜アプリの差別化〜を読むとわかりやすいです。

他にもスプレッドが狭かったり、スワップポイントが業界市場トップクラスだったりとおすすめできるポイントが多いFX会社です。

みんなのFXについて、もしご興味がある方は、【話題の「みんなのFX」の評判・口コミはどうなっている〜メリット・デメリット徹底解説〜】も参考にしてください。

まとめ

今回は、ヒートマップについて解説しました。

ヒートマップは、単体でファンダメンタルズ分析ができる便利なツールです。

ファンダメンタルズ分析について、詳しく書かれている書籍は、ほぼありません。

そのため、勉強ができない項目です。

しかし、このヒートマップがあれば、ファンダメンタルズ分析を簡単に使えるようになるでしょう。

もちろん、ファンダメンタルズ分析の勉強していくことは重要ですが、勉強が追いつくまでは、ヒートマップをファンダメンタルズ分析代わりに使いましょう。

ヒートマップ以外でも、通貨強弱やTMサインなどトレーダーの助けになるサービスをしています。

通貨強弱は、テクニカル分析の観点で通貨強弱を表しているものです。

「みんなのFX」便利ツール〜「通貨強弱」徹底解説〜

TMサインは今後のUSD/JPYの値動きをAIが、予測してくれます。

「みんなのFX」便利ツール〜「TMサイン」徹底解説〜

\\無料口座開設・管理費無料//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA