FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜RSIの徹底解説〜

FX初心者でも簡単テクニカル分析〜RSIの徹底解説〜

「なんとなくRSIは表示させているけど、正しい使い方が分からない…」

「RSIってどんな場面で使えばいいの分からない…」

「RSIを使っても勝てない…」

このような悩みをお持ちじゃないですか?

RSIの主流な使い方は、他のテクニカル分析と合わせて、逆張りをするためのテクニカル分析です。

あるシグナルが出た場合は、順張りで使える手法もありますので、合わせて今回の記事で解説しました。

今回の記事では、

  • RSIの特徴
  • RSIの弱点
  • RSIの活用方法

このようなことが学べます。

参考になった方は、トレードに活かしてください。

今回の記事では、RSIの基本的な使い方を解説しています。

実際にRSIを使ったトレード手法については、下記リンクを参考にしてください。

FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜

RSIとは?

RSIとは、一定期間で、上昇と下降どちらの勢いが強いかを判断するテクニカル分析です。

70%以上だと買われすぎ、30%以下だと売られすぎと判断されます。

分かりやすい判断基準のため、FXでは多くのトレーダーが使用しているチャートです。

RSIの特徴

RSIは、単体で使用するものではなく、他のテクニカル分析と合わせて使うことで、精度の高いエントリーができます。

精度を上げるためにも、RSiの特徴を把握し、エントリー・利益確定・損切りの根拠の1つとして取り入れていきましょう。

RSIの特徴は7つあります。

  • 特徴①:買われすぎ・売られすぎの確認
  • 特徴②:逆張り
  • 特徴③:リバーサル
  • 特徴④:ダイバージェンス
  • 特徴⑤:レンジ相場に強い
  • 特徴⑥:短期トレーダーが使うことが多い
  • 特徴⑦:誰でも同じように使える

特徴①:買われすぎ・売られすぎの確認

RSIの最もポピュラーな使い方は、「70%以上なら買われすぎ」、「30%なら以下売られすぎ」の確認をすることです。

買われすぎているもしくは、売られすぎている場合、「そろそろ反転する可能性がある」と判断する材料です。

しかし、70%以上になったからすぐにショート、30%以下になったからロングと言うわけではないため、使い方を間違わないようにしてください。

特徴②:逆張り

RSiの基本的な使い方は、逆張りの手法です。

  • 70%以上に一度入ってまた70%をブレイクしていくタイミングでショート
  • 30%以下に一度入って30%を出ていくタイミングでロング

このようなタイミングでエントリーをすると、利益を残しやすいです。

言葉だけでは、イメージしにくいので、図解を用意しました。

RSIを使ったエントリータイミング

上図のように、70%・30%をブレイクするタイミングエントリーです。

全てが成功することはありませんが、高確率でブレイク方向に動きます。

実際のチャートと照らし合わせると、下図の通り利益をあげやすいトレードが可能です。

RSI逆張りの手法実例

必ず、利益が出せるわけではありませんので、他のテクニカル分析と合わせて、より精度の高い状態にしましょう。

特徴③:リバーサル

リバーサルとは、実際のレートとRSIの動きが相関しないことにより発生します。

実際の動きとしては、下記の通りです。

  • 上昇トレンド中に、RSIだけが安値を更新
  • 下降トレンド中に、RSIだけが高値を更新

RSIリバーサル実例

トレンド中に、RSIだけ安値・高値を更新した場合は、さらにトレンドが続伸する可能性が高いです。

価格が上昇している局面で、「買われすぎ」にならず、買える余裕が生まれていることを示しています。

そのため、今後続伸する可能性が高いです。

リバーサル現象が発生した場合は、積極的にエントリーを検討するタイミングです。

他のテクニカル分析と合わせて、使用することにより、精度の高いエントリーができるようになります。

特徴④:ダイバージェンス

ダイバージェンとは、実際のレートだけが高値・安値を更新する現象のことです。

実際の動きとしては、下記の通りです。

  • 上昇トレンド中に、実際レートだけ高値更新をしている
  • 下降トレンド中に、実際レートだけ安値更新をしている

ダイバージェンスの説明図

トレンド中に実際レートだけが高値・安値を更新した場合は、その後トレンドの転換が起こる可能性があります。

RSIの高値が切り下がってきていると言うことは、売りの勢力が強くなってきている証です。

そのため、今後トレンド転換の可能性が、出てきます。

ダイバージェンスが出てもすぐに反転するものではないので、注意してください。

特徴⑤:レンジ相場に強い

RSIの基本的な使い方は、逆張りです。

逆張りをする際に、トレンドが発生している場合、RSIを無視してトレンド方向に進んでしまうことがよくあります。

RSIが機能しなければ、逆張りは大損を出してしまう恐れがあります。

そのため、RSIの通常の使い方をする際は、レンジ相場である必要があります。

特徴⑥:短期トレーダーが使うことが多い

RSIの基本的な使い方をする場合、短期のトレーダー(スキャルピング・デイトレード)で使われます。

短期の時間軸であれば、ファンダメンタルズの影響を受けにくいためです。

しかし、リバーサルやダイバージェンスは、長期の足でも有効に機能します。

長期の時間軸の方が機能すると言っても過言ではないでしょう。

長期の時間軸で利用する場合、70%・30%を意識するよりも、リバーサルやダイバージェンスを意識してトレードすると効果的なトレードができます。

特徴⑦:誰でも同じように使える

RSIは、どこのFX会社でも提供しているテクニカル分析です。

誰でも他のトレーダーと同じ画面を見ることができますので、世界中のトレーダーと同じ根拠を持つことができます。

RSIの弱点

RSIの弱点は3つあります。

RSIの弱点を知っておかないと、リスクの高いトレードをすることになります。

RSIの弱点を把握し、リスクの低いトレードができるようにしてください。

RSIの弱点は3つです。

  • 弱点①:トレンドには弱い
  • 弱点②:すぐに反応しない
  • 弱点③:RSIだけではダメ
  • 弱点④:数値の変更ができる

弱点①:トレンドには弱い

トレンド中は、70%以上・30%以下になっても張り付いてしまって、機能しません。

長期の時間軸ほど、ファンダメンタルズの影響も受けやすいため、精度が落ちてしまいます。

また、トレンド中に逆張りをするため、リスクが高いです。

RSIは、逆張りで使うことがメイン手法です。

しかし、トレンド発生中は、ちょっとしたシグナルで手は出さない方が良いです。

弱点②:すぐに反応しない

リバーサルやダイバージェンスは、その後の動きを予想ができます。

しかし、どちらの現象も、発生してすぐに反応するものではありません。

そのため、明確なタイミングを掴むことができないです。

他のテクニカル分析と合わせて使用する必要があります。

弱点③:RSIだけではダメ

RSIは、単体で使うものではなく、他のテクニカル分析と合わせて使う必要があります。

RSIは、「この反応が出たから、すぐにこうなる」このようなものではありません。

反応が遅れてやってくる、テクニカル分析のため、単体で使うことは難しいです。

特にトレンド中は、逆張り手法がメインであるRSIをメインで使うと、大損に繋がってしまう可能性があります。

必ず、他のテクニカル分析と組み合わせて使用するようにしてください。

弱点④:数値の変更ができる

RSIは、誰でも同じように表示することができるテクニカル分析です。

しかし、数値を変えることができます。

書籍によっては、数値を変えて使えと書かれている場合もありますが、最も多く使われている数値は、「14」です。

多く使われている、テクニカル分析だからこそ、意味があるので、数値は変えずそのまま利用することをおすすめします。

RSIの活用方法

RSIの活用方法は、大きく分けて3つあります。

他のテクニカル分析と、組み合わせることによって精度の高いエントリーができるようになります。

  • 活用方法①:レンジ相場
  • 活用方法②:リバーサル
  • 活用方法③:ダイバージェンス

活用方法①:レンジ相場

RSIの最も一般的な使い方です。

レンジ相場中に、70%以上・30以下になった場合、反転の可能性を意識します。

その後、70%・30%をブレイクするタイミングで、エントリーすると利益を伸ばすことができるでしょう。

しかし、RSI単体でのエントリーは、リスクが高いです。

明確な理由付けをするためにも、他のテクニカルと一緒に使ってください。

RSIを使ったエントリータイミング

活用方法②:リバーサル

  • 上昇トレンド中に、RSIだけが安値を更新
  • 下降トレンド中にRSIだけが高値を更新

上記のような現象が起きた時にトレンド方向に、エントリーできるよう、目線を固定できます。

目線を固定できることは、FXでは非常に重要です。

買いか売りかを考え、さらにエントリーする場所を考えるとどうしても、ポジション管理の精度が落ちてしまいます。

しかし、目線を固定できれば、精度の高いエントリー場所を考えることができます。

ただし、リバーサル現象が出たとしても、すぐに反応するわけではないため、他のテクニカル分析で、トレンド方向にシグナルが出たら、エントリーすると良いでしょう。

RSI活用:リバーサル

活用方法③:ダイバージェンス

  • 上昇トレンド中に、実際レートだけ高値更新をしている
  • 下降トレンド中に、実際レートだけ安値更新をしている

基本的には、この現象が出た場合、リバーサルと逆の考え方です。

反転の兆しが出た可能性が高いため、リバーサル同様、目線を固定できます。

他のテクニカル分析と一緒に使うことに、逆張り方向でシグナルが出たタイミングで、エントリーすると良いでしょう。

RSI:ダイバージェンス実例

RSIと相性の良いテクニカル分析

RSIは、視覚的に分かりやすく使いやすいテクニカル分析です。

しかし、逆張り手法がメインの使い方ですので、他のテクニカル分析と合わせて使わないと、大きく損をしてしまう可能性があります。

必ず他の、テクニカル分析と合わせて使うようにしましょう。

まとめ

今回は、RSIについて解説しました。

RSIは、視覚的に分かりやすく、簡単に使えるテクニカル分析です。

しかし、逆張りがメインのテクニカル分析のため、必ず他のテクニカルと一緒に使うようにしましょう。

本記事の要約

RSIの特徴

  • 特徴①買われすぎ・売られすぎの確認
  • 特徴②:逆張り
  • 特徴③:リバーサル
  • 特徴④:ダイバージェンス
  • 特徴⑤:レンジ相場に強い
  • 特徴⑥:短期トレーダーが使うことが多い
  • 特徴⑦:誰でも同じように使える

RSIの弱点

  • 弱点①:トレンドには弱い
  • 弱点②:すぐに反応しない
  • 弱点③:RSIだけではダメ
  • 弱点④:数値の変更ができる

RSIの活用方法

  • RSIの活用方法は、大きく分けて3つあります。
  • 活用方法①:レンジ相場
  • 活用方法②:リバーサル
  • 活用方法③:ダイバージェンス

RSIと相性の良いテクニカル分析

  • 平均足
  • 移動平均線
  • トレンドライン
  • 水平線
  • フィボナッチリ・トレースメント
  • ピボットポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA