FXのチャートパターンを覚えて利益UP!三角保ち合いについて解説

三角保ち合いは、トレード中かなりの頻度で出現するチャートパターンです。

そして、三角保ち合いを抜けた場合、トレンドを作ることが多いです。

そのため、三角持ち合いのパターンや、注意点を知ることであなたの収益を伸ばすことが可能です。

今回の記事では、

三角保ち合いってなに?

三角保ち合いの種類はあるの?

三角保ち合いを使ったトレードでの注意点は?

このような疑問をお持ちの方におすすめの記事です。

最後まで読んでいただき、良かったと思ってもらえたらトレードの参考にしてください。

三角保ち合いとは?

FXでトレードをしているとトレンドの途中で、よく発生するチャートパターンがあります。

それが三角保ち合いです。

三角保ち合いは、ロング勢とショート勢の攻防により生まれます。

この際に、一定のチャートパターンが形成されます。

三角保ち合いパターン

三角持ち合いとは、上値を結んだ(レジスタンスライン)と下値を結んだ線(サポートライン)が三角のように見えるチャートパターンです。

三角持ち合いの中でも3パターンの三角形を作ります。

①対象三角

図のようにレジスタンスラインと、サポートラインが同じくらいの角度に抜けるタイプの三角持ち合いです。

価格が上昇した直後に発生した場合は、上に抜けやすいです、

また、その逆もしかりです。

これはあくまでも私の経験ですが、図のようにブレイク前には、半分くらいまでしか反発せず、ブレイクしていく傾向が強いと思っています。

エントリーポイントは、レジスタンスラインorサポートラインを抜けたところです。

②上昇三角

 

 

水平線がレジスタンスになっているのに対し、安値が切り上がっているパターンです。

この形は、上昇トレンドの一時休憩のようなときに出現します。

上に抜ける可能性が高い形ですので、レジスタンスラインを抜けたところがエントリーポイントです。

③下降三角

上昇三角の逆パターンです。

基本的には、下抜けする可能性が高い形ですので、サポートラインを抜けたところからエントリーするようにしましょう。

 

 

三角保ち合いで注意しておきたいことは、だましのブレイクがあります。

だましのブレイクとは、ブレイクしたようにみせて、逆方向にブレイクすることです。

だましブレイクが起こると、逆方向にトレンドを作りやすいです。

だましブレイク対策方法

だましブレイクは、ブレイクトレードをしていると、それなりに出現します。

だましブレイクは逆方向にトレンドを作ってしまう可能性があるため、できるだけ引っかからないようにしておきたい項目です。

前提として、だましブレイクを完全に防ぐことは難しいです。

それでも、通常のブレイク直後のエントリーと比べると損切り幅をだいぶ縮小することは出来ます。

具体的なだましブレイク対策をしたエントリー方法を御覧ください。

図のようにブレイクの後に、押し目をつくるためにレジスタンスラインにレートが近づくことがあります。

そして、そこで反発した場合だましブレイクになる可能性はかなり下がります。

レジスタンスラインに近づいたあとに反発するかが重要です。そのため、平均足を使いしっかりと反発が確認できてから、エントリーするようにしてください。

平均足の使い方について知りたい方はこちらの記事をお読みください。

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜平均足を徹底解説〜

レジスタンスラインにローソク足が実態ベースで戻ってきた場合は損切りです。

この方法なら、だましブレイクになる可能性を抑えられる+損切り幅を短くすることが可能です。

デメリットとして、強いトレンドが発生した場合、押し目を作らず上がっていってしまうため、エントリーするタイミングを逃します。

そのため、チャンスが多くほしいと言う方は、通常のエントリー方法、勝率を上げるならだましブレイク対策を使ってください。

この2つに正解はありません。

あなたの性格に合うほうを選択してください。

ちなみに私は贅沢な人間なので、両方取りしています。

ブレイク時に、通常の半分のロット数で入り、だましブレイク対策でもう半分のロットを入れるようにしています。

こうすることで、もし押し目をつけず上がっていってしまっても、利益を残す事ができるし、仮にだましになったとしても半分の損益で済みます。

まとめ

今回は、三角保ち合いについて解説しました。

FXには、他にも多くのチャートパターンは存在しますが、その中でも三角保ち合いはトップクラスによく出現するチャートパターンです。

今回の記事を参考に、今後のトレードに活かせてくれたら嬉しいです。

それでは、今回のまとめです。

三角保ち合いとは?

三角保ち合いは、トレンドに途中によく出現するチャートパターンです。

三角保ち合いは、ロング勢とショート勢の攻防により生まれます。

チャートパターンとその特性を理解することにより、トレードを有利にすることが出来ます。

三角保ち合い例

三角持ち合いとは、上値を結んだ(レジスタンスライン)と下値を結んだ線(サポートライン)が三角のように見えるチャートパターンです。

三角持ち合いの中でも3パターンの三角形を作ります。

①対象三角

価格が上昇した直後に発生した場合は、上に抜けやすいです、

また、その逆もしかりです。

これはあくまでも私の経験ですが、図のようにブレイク前には、半分くらいまでしか反発せず、ブレイクしていく傾向が強いと思っています。

②上昇三角

水平線がレジスタンスになっているのに対し、安値が切り上がっているパターンです。

この形は、上昇トレンドの一時休憩のようなときに出現します。

上に抜ける可能性が高い形ですので、レジスタンスラインを抜けたところがエントリーポイントです。

③下降三角

上昇三角の逆パターンです。

三角保ち合いで注意しておきたいことは、だましのブレイクがあります。

だましブレイクが起こると、逆方向にトレンドを作りやすいです。

だましブレイク対策方法

だましブレイクは逆方向にトレンドを作ってしまう可能性があるため、できるだけ引っかからないようにしておきたい項目です。

前提として、だましブレイクを完全に防ぐことは難しいです。

それでも、対策をしておけば通常のブレイク直後のエントリーと、比べると損切り幅をだいぶ縮小することは出来ます。

 

以上参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA