FXで有名なチャートパターンを覚えて利益UP!

今回は、相場の転換期に出現しやすいチャートパターンについて解説しました。

大きな利益を出して行くならば、転換期にエントリーすることが効率がいいです。

今回の記事では、

チャートパターンってなに?

チャートパターンの活用方法は?

チャートパターンの注意点は?

このような疑問をお持ちの方におすすめの記事です。

この記事が良いなと思ったらトレードの参考にしてください。

チャートパターンとは?

チャートパターンとは、トレンドの転換期などで見られる、ローソク足の形状のことです。

ローソク足が、こういう形を作ったらトレンド転換が起こりやすと世の中に言われているものがあります。

時間軸が長いものほど、チャートパターンが出た時は大きくトレンドを作ります。

トレンドの転換時に見られるチャートパターン

①ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップ・タブルボトムは、相場の転換期に起こりやすいチャートパターンです。

図のように、相場の天井付近で2つの山を形成することがあります。

これがダブルトップです。

この逆の形がダブルボトムになります。

ネックラインを、価格レートが割り切ったところで完成し、大きいトレンドを築きやすいです。

②ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーも、相場の転換期に起こりやすいチャートパターンです。

ヘッドアンドショルダーは、真ん中の山が大きく両脇の山が小さい形をしています。

人間の形に例えられ、真ん中の山が頭、両脇の山が肩に当たります。

こちらもネックラインを割り込むと大きなトレンドを作りやすいです。

 

2つのチャートパターンに共通して言えることは、

天井を付ける→利確フローなどで下落→再度天井を目指したロング勢が途中で、ショート勢に負けて下落してしまう

これが、チャートパターンを作るロジックです。

チャートパターンを作りたくて作っているわけではなく、このような理由によりチャートパターンを作っていることを覚えておきましょう。

と、いうもの、ショート勢に負けた=今後はショートの力が強くなりやすいことを意味します。

よって、相場の転換時にこのチャートパターンが出やすく、その後逆方向のトレンドが発生しやすくなります。

チャートパターン活用方法

相場転換のチャートパターンが分かったところで、エントリー方法について解説します。

 

 

エントリーポイントは赤○で囲っている部分です。

そして、損切り候補は2種類あります。

損切り1では、反発が弱くすぐ戻された場合です。

この場合は、エントリーポイントと、損切りポイントが近いため、損失をかなり限定的にすることが出来ます。

この場合、損切りが近い分、損切り後再度反発し落ちていくことはしばしば見られる現象なので、損切り損になってしまう可能性が高いです。

損切り2は、多少の反発は目をつぶって、完全にヘッドアンドショルダーの形が崩れたときに初めて損切りするパターンです。

この場合、損切りまでの距離が遠いため、損失幅が大きくなります。

損切り損は防ぐことが可能です。

どちらが正解ということはありません。

自分のトレードスタイルにより変えればいいのです。

スキャルピングなど、ロット数が大きい場合は、損切り1をおすすめします。

逆にロット数が少ない場合は、損切り2をおすすめします。

自分のロット数に応じて使い分けてください。

 

ここまでが、一般的に言われているダブルトップ、ヘッドアンドショルダーの使い方です。

ダブルボトム・逆ヘッドアンドショルダーはこの逆の動きになります。

チャートパターンの注意点

当然ですが、チャートパターンは形成する段階で、失敗することがあります。

ダブルトップでも、ヘッドアンドショルダーでも形成途中は、多くのトレーダーが「形成するだろう」と考え、形成方向にポジションを取りがちです。

そのため、売りのポジションが強くなりやすいです。

その売りの力をはねのけ、失敗した場合それだけ買いの力が強いことを意味します。

それだけ買いの力が強い場合、売りポジションの損切りを巻き込んでさらに大きく伸びていきます。

この場合、損切りラインまで到達したら必ず損切りしてください。

損切りが出来ないと、大損失を作ってしまうかもしれません。

まとめ

今回は、チャートパターンについて解説しました。

すでに鉄板化されているチャートパターンですので、必ず機能するわけではありません。

しかし、損切りをしっかりすることが出来れば、損小利大のトレードは必ず出来ます。

そのため、チャートパターンを形成している段階で過信しすぎず、損切りをする覚悟でエントリーしてください。

それでは、今回のまとめです。

チャートパターンとは?

チャートパターンとは、トレンドの転換期などで見られる、ローソク足の形状のことです。

ローソク足が、こういう形を作ったらトレンド転換が起こりやすと世の中に言われているものがあります。

時間軸が長いものほど、チャートパターンが出た時は大きくトレンドを作ります。

トレンドの転換時に見られるチャートパターン

①ダブルトップ・ダブルボトム

②ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダー

2つのチャートパターンに共通して言えることは、

天井を付ける→利確フローなどで下落→再度天井を目指したロング勢が途中で、ショート勢に負けて下落してしまう

これが、チャートパターンを作るロジックです。

チャートパターンを作りたくて作っているわけではなく、このような理由によりチャートパターンを作っていることを覚えておきましょう。

チャートパターン活用方法

エントリーポイントは2つ目の山を作って更に反発したところです。

そして、損切り候補は2種類あります。

損切り1では、反発が弱くすぐ戻された場合です。

損切り2は、多少の反発は目をつぶって、完全にヘッドアンドショルダーの形が崩れたときに初めて損切りするパターンです。

スキャルピングなど、ロット数が大きい場合は、損切り1をおすすめします。

逆にロット数が少ない場合は、損切り2をおすすめします。

自分のロット数に応じて使い分けてください。

チャートパターンの注意点

当然ですが、チャートパターンは形成する段階で、失敗することがあります。

チャートパターンが失敗した場合、売りポジションの損切りを巻き込んでさらに大きく伸びていきます。

この場合、損切りラインまで到達したら必ず損切りしてください。

以上参考になれば嬉しいです。

他のチャートパターンについて知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

FXのチャートパターンを覚えて利益UP!三角保ち合いについて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA