「みんなのFX」便利ツール〜「TMサイン」徹底解説〜

「みんなのFX」便利ツール〜「TMサイン」徹底解説〜

TMサインって聞いたことないけど、どのようなものなの?

TMサインの使い方を教えて欲しい…

このような疑問・お悩みをお持ちではないでしょうか?

TMサインは、「みんなのFX」と「LIGHT FX」が提供している、無料で使用できるツールで、最新のAIが1時間後の予想をします。

独自で提供しているツールのため、基本的に使い方を紹介している書籍は、ないです。

本記事では、TMサインについて基本情報から活用方法まで解説してしました。

本記事の内容
  • TMサインの基本情報
  • TMサインの活用方法
  • TMサインの注意点

このようなことを学ぶことができます。

今回紹介する、TMサインは「みんなのFX」のアプリ内にある無料ツールです。

\\無料口座開設・管理費無料//

まだ開設していない場合は、【話題の「みんなのFX」の評判・口コミはどうなっている〜メリット・デメリット徹底解説〜】 を参考にしてください。

また、みんなのFXでは他にも独自ツールを提供しています。

他の独自ツールについて詳しく知りたい場合は、「みんなのFX」は差別化ができている〜アプリの差別化〜を参考にしてください。

こんな人におすすめ
  • ファンダメンタルズ分析が、分からない・苦手
  • 簡単にファンダメンタルズ分析をしたい
  • 短期トレード(スキャルピング・デイトレード)
  • トレード根拠の手段を増やしたい

TMサインとは?

TMサインとは?

TMサイン(テキストマイニングサイン)とは、みんなのFXが無料で提供しているツールの名称です。

最新のAIが、マーケット情報を元に、USD/JPYの1時間後の値動きを予想してくれます。

※マーケットの情報とは、為替ニュースや、要人発言のことです。

FXを初めて、間もない場合には、エントリー材料として使えます。

TMサインのAIは常に学んでいるため、今後さらに精度の高い予想ができるようになるかもしれません。

TMサインの表示内容

TMサイン表示内容

TMサインは5つの項目で表示されています。

左から説明していきます。

TMサイン表示内容解説
  • 通貨ペアの表示:TMサインはUSD/JPYしか表示できない
  • 表示された時のレート:表示された時のUSD/JPYのレート
  • 売買サイン:AIが、USD/JPYの1時間後の値動きを予想したサインを表示
  • 売買サインの確率:AIの自信度を表している
  • 表示されたときの時刻:決まった時間に表示されるわけではない

TMサインを使う上で、考慮に入れておく項目として、USD/JPYしか表示ができないことです。

TMサインの活用方法

TMサインの活用方法は、3つあります。

TMサインだけで、トレードすることも可能ですが、他のテクニカル分析と組み合わせて使うと、さらに精度の高いトレードができるようになるでしょう。

TMサイン活用方法
  • ファンダメンタルズ分析
  • 根拠
  • 短期トレード(スキャルピング・デイトレード)

活用方法①:ファンダメンタルズ分析

AIがUSD/JPYの、ファンダメンタルズに関する情報と価格を参考に、ロングorショートを判断してくます。

ファンダメンタルズ分析は、勉強がしにくく、時間がかかる勉強項目です。

ファンダメンタルズ分析が苦手な方や、これから勉強する場合は、まずは、TMサインをファンダメンタルズ分析の代わりとして使ってください。

活用方法②:根拠

分析をした結果は、ロングだと思うけど、本当にいいのかな?

このようなときがありませんか?

テクニカル分析をした結果、ロングをしたいなと思った時に、1つの根拠として、TMサインを使ってください。

  • TMサインが「買」と出ていれば、エントリーする
  • TMサインを「売」と出ていれば、一度エントリーを見送る

このように、トレード根拠の1つとして、活用することができます。

迷いが生じているときに、TMサインで最後の後押しをする材料として活用してください。

他のトレード根拠について、詳しく知りたい場合は、FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜を参考にしてください。

活用方法③:短期トレード(スキャルピング・デイトレード)

TMサインは、1時間先を予想しているツールです。

1時間後の値動きを予想しているため、向いているトレードスタイルは、スキャルピングやデイトレードの短期のトレードスタイルです。

1日に何度かトレードしている場合は、活用しましょう。

スイングトレードでも、1時間後の予想が役に立つこともありますが、スキャルピングやデイトレードほどの効果は期待できません。

トレードスタイルを、確立していなければ、【「 FX」トレードスタイル診断〜 FX初心者は◯◯トレードがおすすめって本当?〜】を使って、あなたにあっているトレードスタイルを探してください。

TMサインの表示方法

わたしは、「みんなのFX」しか口座を持っていないため、今回の画面は「みんなのFX」での確認方法です。

「LIGHT FX」でもアプリのデザインは一緒のため、変わらないと思われます。

表示方法①:アプリ

TMサイン表示方法:アプリ

アプリでは、3ステップで、TMサインを確認することができます。

TMサインは、「マーケット」を押しただけでは、右端にあるため見つけられません。

スワイプをしてTMサインのタブまで移動する必要があります。

表示方法②:ブラウザ

 How-to-display-TM-sign-Browser

ブラウザは、2回のクリックだけで表示することが可能です。

①をクリックしないとメニューバーが表示されませんので、ご注意ください。

表示方法③:プッシュ通知

TMサインの表示方法:プッシュ通知

TMサインが更新されればプッシュ通知で、受け取ることができます。

常に、スマホ画面を見ることができない場合、プッシュ通知が非常に役立ちますので、必要な場合は設定しておきましょう。

TMサインの注意点

TMサインは、優秀なツールですが、万能というわけではありません。

TMサインを使う上での注意点も把握しておきましょう。

TMサインの注意点
  • 注意点①:盲信厳禁
  • 注意点②:更新時間はバラバラ
  • 注意点③:スイングトレードには向かない

注意点①:盲信厳禁

TMサインは、単独でもそれなりに利益をあげることはできます。

しかし、あくまでもファンダメンタルズ寄りのツールのため、勝率がそこまで高いわけでもありません。

自分のテクニカル分析と合わせることで、さらに勝率を上げることが出来ますので、盲信せずテクニカル分析もしっかりやるようにしましょう。

TMサインの当たる確率を検証したところ、60%〜65%くらいです

テクニカル分析をするときは、手法が必要になります。

誰でも簡単にできる普遍の手法について知りたい場合は、【FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜】を参考にしてください。

チャート分析をするときにも、みんなのFXは優秀で、トレーディングビューの有料版の一部機能がついているブラウザ版ツールがあります。

トレーディングビューの表示方法について知りたい場合は、【【新機能】みんなのFX×トレーディングビュー〜おすすめ新機能のメリット・表示方法〜】を参考にしてください。

注意点②:更新時間はバラバラ

更新頻度が、比較的多いTMサインですが、更新されないときはなかなか更新されません。

そのため、TMサインのみでトレードするには、力不足なツールです。

注意点③:スイングトレードには向かない

TMサインは比較的短いスパンでの予想を想定されています。

そのため、長期間保有を前提とした、スイングトレードでは、あまり参考にならない場合が多いです。

スイングトレードをメインにされている方は、TMサインとは別に、「みんなのFX」が提供している別のツールの、「通貨強弱チャート」や「ヒートマップ」の方が参考になると思います。

通貨強弱チャートとヒートマップにご興味がある方は、関連記事を参考にしてください。

注意点④:通貨ペアがUSD/JPYのみ

TMサインは、USD/JPYしか提供されていません。

USD/JPY以外でトレードされている方は、TMサインを使用することは出来ませんので、別のツールを使う必要があります。

TMサインは、ファンダメンタルズ分析をしているため、他の通貨でファンダメンタルズ分析をする場合は、ヒートマップを使ってファンダメンタルズ分析をしてください。

まとめ

今回は、TMサインについて解説しました。

TMサインだけでも、勝てますが、他のテクニカル分析と組み合わせて使うことにより、精度の高いトレードができるようになります。

USD/JPYしか使えませんが、USD/JP Yをトレードしている場合は、頼りになるツールです。

今回解説したTMサインは、「みんなのFX」で提供されているツールです。

\\無料口座開設・管理費無料//

みんなのFXでは、他にも便利なツールが多数あるほか、トレードをする上で有利になるキャンペーンなどもやっていますので、ご興味がある方は、【話題の「みんなのFX」の評判・口コミはどうなっている〜メリット・デメリット徹底解説〜】も参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA