FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜

FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜

「FXで全然利益が残らない…」

「FXを始めたけど…どういう手法を使えば良いか分からない…」

「移動平均線にタッチして…ゴールデンクロスして…RSIが…だめだ、全然自分の手法通りにならない…」

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

FXで利益を残すためには、必ず「手法」が必要です。

しかし、手法の条件を複雑にしてしまうと、トレードするタイミングが少なくなります。

また、闇雲に「なんとなくロング」「なんとなくショート」で勝てないことは、感覚的にお分かりかと思います。

今回紹介する手法は、「知っている人なら、当然やっていること」を解説しました。

逆を言えば、知らない人が知るだけで、大幅に勝率をあげることができることになります。

その手法とは、「根拠を3つ以上用意してからエントリーする」です。

知っている人は、「なんだそんなことか」と思うでしょう。

しかし、これをやっているかやっていないかで、大きく勝率は変わってきます。

知らなかった方や、現在利益が残せていない方、手法が決まっていない方は、今回の記事を読むことで、利益を残しているトレーダーが「当たり前のようにやっていること」を学ぶことができます。

今回の記事を読むことで、

  • FXで利益を残している人が、当たり前にやっていること
  • 「根拠」の見つけ方
  • 誰でも簡単に使える、トレード手法

このようなことが学べます。

まだ、利益が残せていない場合や、手法探しを迷走している場合は今回の記事が改善策になるかもしれません。

今回の記事を読んで、参考になった場合は、今後のトレードに活かしてください。

FXの手法とは?

FXにおける手法とは、FXでトレードする際の「自分ルール」です。

FXでは、手法があった方が圧倒的に、利益が残しやすくなります。

「なんとなく」でトレードしているようでは、一時的に勝てたとしても、月間収益プラスに持っていくことは非常に難しいでしょう。

FXの手法を2種類のみ

今回の手法は、長期の時間軸で順張り、短期の時間で逆張りの手法です。

まずは、順張り、逆張りの概念を覚えておきましょう。

順張り

順張りとはトレンド方向で、トレードする方法です。

すでに発生している、トレンドについていく手法のため、頭から尻尾まで全ての利益を取ることはできません。

しかし、多くのトレーダーが同じ目線でトレードをしているため、利益を残しやすいです。

逆張り

順張りと、逆の考え方でトレンドに逆らったトレードを行う方法です。

トレンドに逆らうため、よほどの経験値・手法がないと、大損してしまう可能性が高いです。

「ここまで上がったら、そろそろ下がるだろう」と安易なエントリーは、絶対避けるべきです。

逆張りで、うまく逆行した場合は、トレンドの起点から利益をのせることができます。

時間軸によって捉え方が違う

ここまで、順張り・逆張りについて解説しましたが、この考え方は時間軸によって捉え方が変わります。

例えば、日足では、上昇トレンドだった場合でも、1時間足では、下降トレンドになっている場合があります。

順張り、逆張りは時間軸によって捉え方が違う

上図のように、長期の足では上昇トレンドですが、短期の足では下降トレンドと言うことはよくあります。

このように短期の足での逆張りを狙っていくことにより、「押し目買い」や「戻り売り」を狙っていくことができます。

FXで使える超シンプル手法

超シンプル手法:手順

今回紹介する手法は、全てのトレードスタイル(スキャルピング、デイトレード、スイングトレード)で使えます。

この手法を使うだけで、あなたの勝率は高確率で上がるでしょう。

前提として、日足以上の時間軸で順張り、短期の時間軸では逆張りの手法です。

ステップは4つです。

  • シンプル手法①:3つの根拠を見つける
  • シンプル手法②:反発を確認する
  • シンプル手法③:利益確定、損切りラインを決定
  • シンプル手法④:エントリー

シンプル手法①:3つの根拠を見つける

まずはエントリーするための、「根拠を3つ以上」探します。

機能するテクニカルならなんでもいいです。

ただし、テクニカル分析は、時間軸が長いものほど効力を発揮します。

  • スキャルピング=短期〜長期の時間軸
  • デイトレード=中期〜長期の時間軸
  • スイングトレード=長期の時間軸

このように、長期の時間軸が意識されています。

根拠を探す際は、長期の時間軸(日足、週足)を使って探すようにしてください。

また、ピッタリと根拠が3つ重なるケースは稀なため、近い位置に反発要因が重なっているところを探すようにすると探しやすいです。

実際に、根拠となり得るものの例を6つ出します。

  • 根拠①:移動平均線
  • 根拠②:フィボナッチリトレースメント
  • 根拠③ピボットポイント
  • 根拠④:RSI
  • 根拠⑤:トレンドライン
  • 根拠⑥:水平線

1つ1つ使い方を覚えることは大変かもしれませんが、一度覚えれば簡単に使いこなすことができます。

1つ1つの使い方も難しいものではないですし、これからFXを長くやっていくなら必要になってくる、テクニカル分析です。

まだ使い方がわからない場合は、今のうちに覚えておきましょう。

根拠①:移動平均線

この手法で使う移動平均線は、日足の22、75、200を使います。

日足の移動平均線は、意識しているトレーダーが多く反発する可能性が高いです。

移動平均線に、近づいたタイミングが根拠の1つとして使えます。

移動平均線について詳しく知りたい方は、下記リンクを参考にしてください。

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜移動平均線の徹底解説〜

根拠②:フィボナッチリトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントは、直近のトレンドに引きます。

フィボナッチ・リトレースメントも日足で確認できるトレンドに引いてください。

0.236、0.382、0.5の付近で他のテクニカルと組み合わせができる場合は、エントリー根拠の1つとして使えます。

0.618や0.786まで価格レートがきてしまっている場合は、その後レンジになるケースが多いため、根拠として数えない方がいいです。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方や弾き方が、分からないと言う方は下記のリンクを参考にしてください。

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜フィボナッチ・リトレースメント徹底解説〜

根拠③:ピボットポイント

ピボットポイントも日足を使ってください。

設定方法については、使っているFXツールにより変わってきます。

最初の設定が日足のピボットになっていることが多いとは思いますが、確認しておくことをおすすめします。

ピボットポイントも簡単に、反発を確認できるテクニカル分析です。

特に難しい設定は不要で、誰でも同じように見れるため、信憑性が高いです。

そのため、根拠の1つとして使うことできます。

ピボットポイントについて、詳しく知りたい方は、下記のリンクを参考にしてください。

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜ピボットポイント徹底解説〜

根拠④:RSI

RSIは逆張りで使えるテクニカル分析です。

通常の使い方もできますし、ダイバージェンスを探して根拠にしても良いでしょう。

ダイバージェンスや、RSIの詳しい使い方について知りたい方は、下記のリンクを参考にしてください。

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜RSIの徹底解説〜

根拠⑤:トレンドライン

トレンドラインは、時間軸を絞って引かないと、チャート画面上がトレンドラインだらけになります。

多くのトレーダーがみているトレンドラインを引かないと意味がないため、日足と週足に絞って引くようにしましょう。

多くのトレーダーがみているトレンドラインは、根拠として使うことができます。

機能するトレンドラインの引き方について、知りたい方は下記リンクを参考にしてください。

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜機能するトレンドライン〜

根拠⑥:水平線

水平線も、トレンドライン同様時間軸を絞って引く必要があります。

同じように、日足と週足のみの水平線を引くようにしてください。

機能する水平線について、知りたい方は下記リンクを参考にしてください。

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜機能する水平線〜

他にあなたが、好んでいるテクニカル分析があれば、それを入れてもいいでしょう。

上記のテクニカル分析は、1つ1つでも機能します。

さらに3つ以上同じところで反発する予兆が見えているならば、それは高い確率で反発するでしょう。

3つの根拠の実例

3つの根拠実例

上図のように、3つの根拠が近いところで重なっています。

根拠が重なっているところは反発の可能性が高いため、エントリー候補になります。

さらにこのタイミングは、RSIやピボットポイントも重なっており、反発する可能性が非常に高かったです。

シンプル手法②:反発を確認する

反発を確認する①:重要性

根拠が3つ重なったところがあったら、すぐにエントリーするわけではないです。

必ず反発を確認してから、エントリーするようにしましょう。

根拠が3つ揃った=高確率で反発する可能性があります。

しかし、トレンドが強い場合その根拠を全て無視して続伸してしまう場合があります。

利益を出すためには、当然このようなリスクは避ける必要があります。

だから、反発を確認する必要があります。

反発を確認する②:手軽な確認方法

反発を確認する重要性については、ご理解いただけたかと思います。

では、反発を確認するためには、どうすれば良いのか?と言う疑問ができてくると思います。

反発を確認する方法は非常に簡単です。

反発の確認をする上で、誰でも同じように反発を確認できるテクニカルが「平均足」です。

平均足が陽線→陰線もしくは陰線→陽線に変わったタイミングが反発した証拠です。

超シンプル手法:反発ポイント

上図のように平均足がで陰線→陽線になっています。

このように、簡単に反発していることが分かります。

シンプル手法③:利益確定、損切りラインを決定

反発が確認できたら、次にやることは、利益確定・損切りを決めることです。

利益確定ラインと損切りラインを決めることが苦手な方がいますが、今回の手法では、簡単に決めることができるので安心してください。

それでは、1つずつ解説します。

①利益確定ライン

利益確定ラインは、直近高値少し下に設定しましょう。

トレンドが発生している場合、反転すれば直近高値を目指していきます。

三角保ち合いに入る可能性もあるため、直近高値の少し下に設定しておくことで、確実な利益を取っていけるでしょう。

まだまだ上がると思うようであれば、あえて利益確定はせず、そのままホールドする選択肢もあります。

その場合おすすめは、ポジションの半分だけを利益確定、残りの半分をホールドすると利益はすでに確保できるため、安心してホールドすることができるようになります。

②損切りライン

損切りも非常にシンプルです。

損切りは、直近の安値から少し話したところに、設定します。

安値から25PIPSくらい離しておけば、「ダマシ」対策にもなります。

平均足で反発を確認しているので、直近安値はかなり近くにあるため、損失はかなり限定することができます。

超シンプルな手法:利確ライン・損切りライン

シンプル手法④:エントリー

シンプル手法①〜③までで、全ての準備が整いました。

ここまで、できればあとは自信を持ってエントリーするだけです。

超シンプル手法の注意点

FXの世界に「絶対」は存在しません。

いくら入念な、プランを立てたとしても、想定外の動きをすることがあります。

そのため、書きの注意事項は必ず守ってください。

  • 注意点①:絶対ではない
  • 注意点②:余力もったポジション管理

注意点①:絶対ではない

根拠を3つ揃えたとしても、それを裏切り反発してこない場合もあります。

そのため、盲信せず損切りは必ず入れておくようにしてください。

損切りを入れない=コツコツドカン

過去の私はこれで何度も失敗してきました。

あなたが、同じ失敗をしないよう、必ず損切り注文は入れておきましょう。

注意点②:余力もったポジション管理

どんな優秀な手法を使ったとしても、自分の許容を超えたロット数でエントリーすると、正常なメンタルを保てなくなります。

メンタルが正常じゃなければ、トレードの途中で、「チキン利食い」や「損切り貧乏」を招きかねません。

メンタルが正常な状態にできる、ポジション管理を実施してください。

ロットをあげるタイミングについて、詳しく知りたい方は下記のリンクを参考にしてください。

FXでロット数を増やして良い時期はいつ?利益拡大のロット数管理法

おすすめFX会社

①ヒロセ通商

テクニカル分析をFX会社の提供ツールでするなら、おすすめはヒロセ通商です。

ヒロセ通商は、他のFX会社が提供している取引ツールより、高度な分析ができます。

他のFX会社では、表示できないテクニカル分析もブラウザ版を使用することで、表示できます。

ヒロセ通商について、もっと詳しく知りたい方は下記のリンク記事を参考にしてください。

ヒロセ通商(LIONFX)の評判・口コミはどうっている〜メリット・デメリット徹底解説〜

みんなのFX

さらにテクニカル分析とプラスでファンダメンタルズ分析のデータも取り入れたい方は、みんなのFXがおすすめです。

みんなのFXでは、世界中のニュースやSNSのテキストを参考に、ファンダメンタルズの観点から通貨の強弱がを見ることができる、ヒートマップを言うツールを提供しています。

ファンダメンタルズ分析は、あまり詳しく解説されているものは少ないため、勉強が難しいですが、ヒートマップを使えば簡単にファンダメンタルズ分析を行うことができます。

ファンダメンタルズ分析も取り入れたいけど、勉強方法が分からないと言う方は、まずはみんなのFXのヒートマップを使ってください。

みんなのFXは、他のサービスも非常に優秀です。

FXをやるなら、誰もが持っておいた方がいいFX口座ですが、どのようなところがおすすめか知りたい方は、下記のリンクを参考にしてください。

話題の「みんなのFX」の評判・口コミはどうなっている〜メリット・デメリット徹底解説〜

まとめ

今回は、FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法について解説しました。

根拠を3つ探すだけで、利益確定ラインや損切りラインを簡単に決めることができるため、汎用性が高いです。

まだ、利益が出ていないと言う方は、この手法を使ってください。

本記事の要約

FXで使える超シンプル手法

  • シンプル手法①:3つの根拠を見つける
  • シンプル手法②:反発を確認する
  • シンプル手法③:利益確定、損切りラインを決定
  • シンプル手法④:エントリー

超シンプル手法の注意点

  • 注意点①:絶対ではない
  • 注意点②:余力もったポジション管理

おすすめFX会社

  • テクニカル分析をFX会社の提供ツールでするなら、おすすめはヒロセ通商です。
  • ファンダメンタルズ分析のデータも取り入れたい方は、みんなのFXがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA