損切りをしない簡単手法〜スワップポイントを徹底活用〜

損切りをしない簡単手法〜スワップポイントを徹底活用〜

損切りは、したくない…

本業があるからあまり、チャートが見れない…

簡単な手法ってないかな…

このような悩みをお持ちじゃないですか?

FXの基本で、「損切りは必要経費」と言うものがあります。

しかし、損切りはできればしたくないですよね?

スワップポイントを活用することで、損切りをしない手法を構築することができます。

利益を大幅に出せるわけではありませんが、普段のFXトレードの他にサブトレードとして使うと非常に効果的です。

今回の記事を読むことで、

  • 損切りをしない手法
  • スワップポイントの活用方法

このようなことを学べます。

スワップポイントとは:金利差により利益・損失のこと

スワップポイントとは、通貨ペアの金利差によって得られる利益・損失のことです。

スワップポイント投資をするなら、低金利の日本円を売って、高金利通貨のメキシコペソや南アフリカランドのような新興国通貨を買える通貨ペアを選ぶ必要があります。

スワップポイントとは?MXN/JPY

上図のように通貨ペアで、ロング(買い)を入れた場合、高金利通貨(メキシコペソ)を買い、低金利通貨(日本円)を売っていることになるため、スワップポイントで利益を得ることができます。

逆に、ショートをした場合は、高金利通貨(メキシコペソ)を売り、低金利通貨(日本円)を買っているため、損失が発生します。

スワップポイントは、通貨ペアは一緒でも、FX会社により異なります。

そのため、スワップポイント投資をする場合、スワップポイントの条件が良いFX会社を使うことが重要です。

高金利通貨は主に新興国が多いです。

新興国のスワップポイントに強いFX会社として、「みんなのFX」があります。

新興国のスワップポイントが、キャンペーンの対象になっており、業界高水準のスワップポイントを取得することができます。

「みんなのFX」について詳しく知りたい方は、【話題の「みんなのFX」の評判・口コミはどうなっている〜メリット・デメリット徹底解説〜】を参考にしてください。

新興国とは:成長初期の国のこと

新興国とは、成長初期段階にある地域もしくは国のことです。

新興国通貨は、新興国が使っている通貨のことを言います。

スワップポイントについて調べると、現在では下記3つの通貨が取り上げられることが多いです。

  • MXN(メキシコペソ)
  • ZAR(南アフリカランド)
  • TRY(トルコリラ)

新興国通貨は、高金利のため、スワップポイント投資に向いている通貨です。

しかし、まだ発展初期のため、政治が不安定な面もあり、ファンダメンタルズによっては、急激な下落リスクがあります。

使い方によっては、利益が出せる通貨にもなりますし、損をする通貨にもなる通貨です。

また、通貨の価値が低いため、安い証拠金でトレードすることが可能です。

損切りをしない簡単手法のデメリット

FXの基本は、「損切りをする」です

損切りをしないことによって、当然デメリットはあります。

先にお伝えしておきますので、デメリットが受け入れられない場合は、この手法は使わない方がいいです。

デメリットは、3つあります。

  • デメリット①:大きい利益は狙えない
  • デメリット②:資金がロックしてしまう可能性
  • デメリット③:長期間で持つ可能性がある

デメリット①:大きい利益は狙えない

損切りをしない手法は、レバレッジを1〜3倍で運用します。

そのため、資金量の割りに大きい利益を狙うことができません。

サブ手法として、メイン口座と分けて運用することで、銀行の代わりよりは、利益をあげられる可能性があるくらいに思っておいてください。

デメリット②:証拠金がロックしてしまう可能性

損切りしない手法は、スワップポイントを使い含み損を減らしていく手法です。

そのため、レバレッジを大きくかけすぎると、身動きが取れなくなってしまいます。

レバレッジを1〜3倍にしておく必要があるため、通貨数を増やすにはさらに入金する必要があります。

入金があまりできない場合、証拠金がロックしてしまい、スワップポイントが貯まるまでは、何もできなくなる可能性があります。

したがって、メイン口座とは分けて運用し、メイン口座の資金をロックしないようにしておきましょう。

デメリット③:長期間待つ可能性がある

スワップポイントは、1,000通貨保有していた場合、MXNなら5〜7円、ZARなら10円、TRYなら40円入ってきます。

暴落時に、ポジションを持っていると、含み損が大きくなり、スワップポイントで回収するために時間がかかるようになります。

ただし、スワップポイントは、365日入ってくるものなので、高確率で長期で持っておくことで、含み損をそう消しすることが可能です。

損切りをしない簡単手法

デメリットを読んでも、損切りはしたくないと思った場合は、使って欲しい手法です。

私自身、使っている手法で、利益を出しています。

簡単な上、気軽にできるため参考にしてください。

スワップポイントを使うことで、損切りをしない手法にしているためロングのみで、マイナススワップになるショートは絶対にしてはいけません。

テクニカル分析は、水平線と平均足を使います。

損切りをしない簡単手法:エントリー

損切りをしない簡単手法で、エントリーポイントを探す場合は、3つのステップで完結します。

  • 【エントリー】ステップ①:水平線で反発ポイントを探す
  • 【エントリー】ステップ②:タイミングを待つ
  • 【エントリー】ステップ③:平均足が陰線→陽線でエントリー

【エントリー】ステップ①:水平線で反発ポイントを探す

スワップポイントで、損切りしなくて良いからと言って、無闇にエントリーしたのでは、利益を残すことができません。

そのため、まずは水平線で、反発ポイントを探す必要があります。

現在のチャート

簡単手法:反発ポイントを探す

反発ポイントを探すときは、「週足」で3回以上レジスタンスされている場所を探し、水平線を引きます。

上図の水平線は、かなり強いサポートラインになる可能性があるため、反発する可能性が高いです。

【エントリー】ステップ②:タイミングを待つ

反発する可能性が高い水平線を見つけたあとは、水平線に近づいてくるまでひたすら待ってください

そのため、年に何回もエントリーできるわけではない手法です。

しかし、高確率で利益を残すことができますので、強い円高になるタイミングまで、気長に待つようにしましょう。

長いときは、3ヶ月以上待つこともあります。

【エントリー】ステップ③:平均足が陰線→陽線でエントリー

水平線近くまで来たら、反発を待つだけです。

反発を見極めるのに使うテクニカル分析が、平均足です。

平均足で、陰線→陽線になって確定したタイミングで、エントリーしていきます。

理想は、「日足」で陰線→陽線が望ましいですが、そこまで待てない場合は、少なくても4時間足で陰線→陽線で確定してからエントリーしてください。

もし、下落の力が強くて、反発しない場合は、エントリーを見送ってください。

そしてステップ①に戻り、改めて反発ポイントを探すようにしてください。

損切りをしない簡単手法:利益確定

利益確定する場合は2ステップで良いです。

  • 【利益確定】ステップ①:水平線で反発ポイントを探す
  • 【利益確定】ステップ②:平均足が陽線→陰線で利益確定

【利益確定】ステップ①:水平線で反発ポイントを探す

エントリーと同じように水平線を目印に利益確定ラインを定めておく必要があります。

簡単手法:反発ポイントを探す【利確】

上図に新しい水平線を引いてあります。

今回引いた水平線は、何度も反発している強力な水平線です。

ここで、再度反発する可能性があります。

利益確定を決めるための水平線も、「週足」で引ける水平線を使うようにしてください。

【利益確定】ステップ②:平均足が陽線→陰線で利益確定

利益確定でも、エントリー同様、平均足を使用します。

利益確定時は、エントリーと違い、早めに利益確定させてしまった方がいいです。

新興国通貨は、長期足で見ると右肩下がりのチャートを築いているため、あまり長時間持っているとせっかくの利益が減る可能性があります。

そのため、利益確定で使う時間軸は1時間足です。

1時間足で、陽線→陰線になったら利益確定しましょう。

もし、陽線→陰線にならず、そのまま上昇した場合は、ステップ①に戻り水平線を再度引き直しましょう。

次の利益確定目処になります。

損切りをしない簡単手法:前提条件

損切りをしない簡単手法を実行するにあたり、前提条件3つがあります。

  • 前提条件①:メイン口座以外の口座を作っておく
  • 前提条件②:レバレッジは1〜3倍
  • 前提条件③:損切りはしない

前提条件①:メイン口座以外の口座を作っておく

損切りしない手法のため、デメリットで解説した通り、資金がロックしてしまう可能性があります。

メイン口座で、資金がロックしてしまうと、チャンスを逃してしまう可能性があります。

そのため、メイン口座以外で運用するようにしてください。

損切りをしない簡単手法を使うための口座は、あなたが狙う通貨ペアのスワップポイントが多いFX会社を選びましょう。

スワップポイントが、1,000通貨あたり、1円変わるだけで、1ヶ月で約30円変わります。

これが、100,000通貨なら3,000円です。

やることは一緒のですので、スワップポイントができるだけ、多いFX会社がおすすめです。

通貨により、スワップポイントが多いFX会社は異なります。

スワップポイントを狙うなら、「みんなのFX」がキャンペーンをしていて、「他社よりも1円でも安い場合は、キャッシュバック」をやっているため、最も優れています。

みんなのFXについて詳しく知りたい場合は、【話題の「みんなのFX」の評判・口コミはどうなっている〜メリット・デメリット徹底解説〜】を参考にしてください。

ただし、キャンペーン期間中の新規エントリーが条件ですので、さらに長い期間ポジションを持つことを想定している場合は、各通貨ペアごとに強いFX会社を選びましょう。

また、みんなのFXでは分析ツールとして有名なトレーディングビューを無料で使えるようになりました。

これにより、テクニカル分析が簡単にできるようになります。

他のFX会社とは明らかに一歩進んだサービス提供していますので、おすすめです。

各通貨ごとのおすすめFX会社

前提条件②:レバレッジは1〜3倍

レバレッジをかけすぎていると、○○ショックが発生した時に、暴落した場合、強制ロスカットされてしまう可能性があります。

ポジションを持ち続けていれば、スワップポイントで、含み損の回収も可能ですが、強制ロスカットされた場合は、ポジションがなくなり、スワップポイントをもらうことができなくなります。

それでは、本末転倒ですので、必ずレバレッジを1〜3倍にしておいてください。

当然ですが、3倍より1倍の方がロスカットされる、確率は1/3に下がります。

今のところ3倍でも、よっぽどのことがない限り強制ロスカットはされませんが、心配であれば1倍で運用することをおすすめします。

前提条件③:損切りはしない

水平線を使い、平均足を使って作られている手法ですが、100%利益が出せるわけではありません。

利益が出せる確率は大幅に高いですが、下落の力が強ければ反発しないこともあるでしょう。

その場合は、無理に損切りしなくても良いです。

新興国通貨はスワップポイントが、多いためスワップポイントで回収できます。

あまりにも強力な暴落だと、スワップポイントだけでは回収に時間がかかりますが、強制ロスカット冴されなければ、回収できる可能性が極めて高いため、そのまま保有し続けることができます。

もし、手法は気に入ったけど、損切りしておきたいと思った場合は、損切りすることは良いことですので、それにしたがってください。

まとめ

今回は、損切りをしない簡単手法について解説しました。

損切りは、感情的に受け入れられない時があります。

私はいまだにそうです。

この手法であれば、損切りをしなくても立ち回ることができます。

損切りに抵抗がある人はトレードに活用ください。

今回は、特殊な手法を解説しましたが、通常通り損切りをする手法が知りたい場合は、関連記事を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA