FX初心者が最速で成長させるツール!トレード日記(日誌・記録)の作り方・書き方

トレード日記の目的

自分のトレードの良かったところ、悪かったところを見極めることができます。

復習をすることにより、次回同じような値動きした時にエントリーの参考例の1つとなります。

同じ失敗を減らし、勝率の高い手法を考える材料となるでしょう。

トレード日記を作る上での媒体は?

パソコン

Windowsですと、エクセル

MACですと、ナンバーズで作ることができます。

メリット

自由度の高い記録方法です。

自分で好きな項目をつけることも、無くすこともできます。

自分の好きなだけ、チャートの写真を貼ることもできます。

私のパソコンはMACですので、ナンバーズで作っています。

自分が欲しいグラフなどもお手軽に付け足すことが可能。

デメリット

取引をする際にパソコンがないとすぐに記録することができない。

自分好みの日誌を作る手間が発生する。

データ検索ができるため、復習しやすい。

パソコンが壊れると全てのデータが消えゆく。(クラウドサービスを使うことにより回避可能)

ノート

手書きで日記をつける方法です。

メリット

ノートとぺんさえ持ち歩いていれば、どこでも記録をつけることができる。

数式を入れることにより、計算が自動計算することが可能。

デメリット

チャートの写真を貼ることが非常に手間になってしまう。

表を作って管理する場合、表を手書きで作る手間が発生する。(最初にエクセルで表を作りプリントアウトして使うことにより回避可能)

前のトレードについて確認したい時にその日記を探すことに一苦労する。

無料で使うことが可能。

アプリ

スマホで記録を取りたい方におすすめです。

私は少ししか使ったことがないです。

メリット

スマホは誰でも常に持っているものかと思いますので、パソコンやノートのように荷物が増えることがない。

新たに自分の表を作る手間がない。

アプリ独自の分析をしてくれるものがあるため、今後の改善の参考になる。

デメリット

自分好みに書式を変更することができない。

写真をアップロードできる枚数に限りがある。

無料で使える機能があまりないことがある。(サブスクで500円くらい払えばかなり快適)

トレード日記の項目

実はそんなに多くないです。

日付

通貨ペア

エントリー価格

取引ロット数

利益確定レート

損切りレート

エントリーからのpips数

エントリー時の根拠・決済時の根拠

決済レート

収益・損益のpips数

決済後の画像

私は、計算式を入れているので、実際に入力する項目はさらに絞っています。

このくらいです。

これを入力すれば

このように上の表が完成しています。

表に拘らなければ、10分もあれば作れるでしょう。

トレード日記の間違った使い方

記録だけを取っていく

トレード日記の目的は、工夫・改善をすることにあります。

ただ、記録だけを取り復習しないのであれば、それは成長しないだけではなく、時間を無駄にしています。

自分の成功・失敗を認識することにより自分の自信をもってエントリー・決済をできるようになります。

必ず復習をしていきましょう。

希望で書かない

人間は自分の都合の良いように考えてしまう生き物です。

利確・損切りレートを決める際に実際に無理であろうと思われるような、無理難題なライン決めはしないようにしましょう。

まとめ

トレード日記はやらない理由がないくらいやったほうが良いものです。

唯一、気をつけなくてはいけない箇所は、継続することです。

3日坊主で終わってしまっては、その3日分の時間すら無駄になってしまいます。

無駄な時間の使い方は省いて、最速で資産増加をしていきましょう。

また、当サイトのおすすめ口座についてはこちらの記事をお読みください。

初心者はまず口座開設!DMMFXの魅力

初心者はまず口座開設!ヒロセ通商(LIONFX)の魅力

また、1つの口座を持っているだけでは、まだ足りません。
こちらの記事を参照して、必要だなと思った方は2つ以上の口座を持つようにしてください。

FX初心者でもFX口座は分けて持とう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA