FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜平均足を徹底解説〜

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜平均足を徹底解説〜

FXを始めたけど、テクニカル分析って色々ありすぎて、何を使えばいいか分からない…

こんな悩みをお持ちでは、ありませんか?

私も同じ悩みを持ち、FXを始めてから3ヶ月、テクニカル分析に関する書籍を読み漁っていましたが、結局結論に至ることはありませんでした。

そんな私ですが、今回ご紹介する「平均足」を覚えたことにより、圧倒的に勝率を上げることが出来ました。

今回の記事では、

  • テクニカル分析ってどれを選べばいいか分からない
  • 簡単にテクニカル分析が出来るものがないか知りたい
  • 平均足って聞いたことはあるけど本当に使えるの?

このような方に、おすすめの記事です。

今回の記事を読むことによって、平均足の使い方が分かり、勝率を上げることが出来ます。

今回の記事が良いと思った方は、トレードに取り入れてください。

平均足とは?

平均足とは、ローソク足を平均して表したものです。

平均足を活用することで、トレンドの強弱やトレンドの切り替わりを判断することができます。

視覚化されていて、分かりやすいため、FX初心者からすぐに取り入れることが出来る、テクニカル分析です。

平均足の特徴

特徴①:平均値で構成されている

平均足とローソク足の表示方法の違い

平均足の始値には、直前の平均足の始値と終値の平均値を使用します。

平均足の終値には、「始値」、「高値」、「安値」、「終値」の平均値で出しています。

注意点として、終値が平均値のため、現在地を平均足から判断することは出来ません。

特徴②:陽線or陰線が連続して出現することが多い

平均足とローソク足見え方の違い

平均足は、平均の値を取るため、陽線もくは陰線が連続して出やすい特徴があります。

連続して表示されるため、現在のトレンドの方向が分かりやすいことが特徴です。

上図のように平均足では、陽線もしくは陰線が連続で表示されていて、中盤までは上昇トレンドが続いていて、現在は下降トレンドになっていることが分かります。

平均足に比べ、ローソク足は、陽線の間に陰線が入ることが多く、直感的に上昇or下降トレンドを把握することが出来ません。

特徴③:平均足のヒゲは、ローソク足と違う

ローソク足のヒゲは、反発の力が出てきた時に出現します。

しかし、ローソク足と違い、平均足のヒゲは、トレンドが強い時に出現することが多いです。

平均足のヒゲと特徴は下記の通りです。

上ヒゲのある陽線=強いトレンドが、継続する可能性が高い

下ヒゲのある陽線=上昇トレンドが、落ちつき始めていて、転換する可能性がある

上ヒゲのある陰線=下降トレンドが、落ちつき始めていて、転換する可能性がある

下ヒゲのある陽線=強いトレンドが、継続する可能性が高い

文字だけでは、イメージが持てない方は、分かりやすい図を作りましたので、下図を参照ください。

平均足:ヒゲの特徴

特徴④:実体の長さは、トレンドの強弱を表す

平均足の始値は、直前足の始値と終値の平均値です。

また、終値は、「始値」、「高値」、「安値」、「終値」の平均値です。

平均値で構成されている性質上、実体が長ければ長いほどトレンドが強いことを表しています。

実体が直前足より、小さい場合トレンド転換の可能性があります。

トレンドの強弱:実体の大きさから分かるトレンド転換のタイミング

上図のように実体が大きい場合は、その後のトレンドも継続している場合が多いです。

逆に、実体が小さくなってくると、平均足が陽線→陰線や、陰線→陽線に変わることが多いです。

この特徴を理解しておくことで、エントリーポイントを探すことができたり、利益確定をすることが出来るようになります。

特徴⑤:トレーダーによる誤差がない

平均足は、誰が使ったとしても同じように表示します。

同じように表示すると言うことは、エントリーのチャンスを逃す危険性を減らすことが出来ます。

トレンドラインや水平線は、トレーダー1人1人で多少のズレが生じるため、自分の狙っているレートを通りすぎてから反転、もしくは、自分の狙ってレートに届かず反転してしまうため、エントリーチャンスを逃す機会が多いです。

しかし、平均足は誰もを使えば、必ず同じ表示になっているため、エントリータイミングを逃しにくくすることが出来ます。

平均足の弱点

平均足の弱点を確認

弱点①:終値が、平均値のため現在地の把握ができない

平均足の終値は、「始値」、「高値」、「安値」、「終値」の平均値です。

そのため、現在の価格を平均足から把握することが出来ません。

平均足から、現在価格の把握は出来ませんが、FX会社の提供している、アプリやWEBツールを使う際には、「現在レート」を表示させることで、対処可能です。

弱点②:頭から尻尾までの値幅を取ることが出来ない

平均足を手法に組み込む場合、トレンドの始まりから終わりを取ることが出来ません。

陽線→陰線or陰線→陽線が確認出来てからエントリーをしていくためです。

トレンドの始まりから終わりが取れない分、勝率の高いところでエントリーすることが出来るため、効率よく利益をあげることが出来ます。

弱点③:窓が出現しない

窓トレードのイメージ

窓とは、金曜日最後のローソク足と、月曜日最初のローソク足の間に空白を開けて始まっている現象のことです。

窓開けは、トレード手法として、確立されていますので、手法に取り入れたい方は下記リンクから参照ください。

FX初心者でも80%確率で利益が残せる!窓埋めトレード手法

平均足は、平均を取る性質上、絶対に窓開けをしません。

そのため、窓埋めトレードをしたい場合は、月曜日朝に平均足→ローソク足に変更する必要があります。

平均足の活用方法

活用方法①:トレンドの強さ・方向の把握に活用

平均足は、実体の大きさにより、トレンドの強さを把握することが出来ます。

さらに、平均足は連続して表示される特性がありますので、トレンド方向をひと目で把握することが出来ます。

トレンド方向の確認

活用方法②:押し目買い・戻り売りのエントリーに活用

トレンドが発生している途中で、エントリーすることは絶対に避けるべき行為です。

トレンド中の値動きを見ていると、まだまだ上がりそうに見えると思います。

しかし、あなたが「トレンド」だと気づいたときには、もう1番最初にエントリーしていたトレーダー達は、利益確定を始める頃合いの可能性があります。

このような、タイミングでエントリーしていては、損切りばかりすることになり、利益を上げることが出来ません。

そこで、強いトレンド中に、エントリーしたい場合は、必ず「押し目買い」もしくは「戻り売り」を待ちましょう。

どんな強いトレンドが発生していたとしても必ず、利益確定がどこかのタイミングで訪れます。

さらに、「ここまで上がったら下がるだろう」などの思惑を持った、値頃感でエントリーするトレーダーが増えます。

逆行の値動きが落ち着いてから、エントリーすることが、利益をあげるためには必要です。

そのため、逆行の値動きが落ち着いたかの判断材料が必要になってきます。

そこで、平均足を使うと判断できます。

実際の使い方としては、

仮に上昇トレンドが発生している場合、押し目買いを狙う場合は、

陽線→陰線→陽線に変わったタイミングでエントリーをすると、良い押し目買いポイントを取れる可能性が高くなります。

平均足:エントリーポイント

活用方法③:利益確定時に活用

平均足は、エントリー時の利用方法の応用として、利益確定時にも活用することが出来ます。

利益確定のタイミングが分からない…

利益確定をしないでいたら、逆行して含み益が全部無くなってしまった…

このような方も多いのでないでしょうか?

実は、平均足を使うことで、利益確定のポイントを判断することもできます。

平均足が陽線→陰線もしくは陰線→陽線になったタイミングが、利益確定タイミング限界ラインです。

平均足が変化した場合、平均足1本分だけ変化して、また元に戻るケースは少ないです。

平均足は、数本連続して出現しやすいことから、一度変化した平均足は、しばらく自分の持っているポジションと逆方向に動くと思ってください。

そのため、平均足が陽線→陰線or陰線→陽線になったタイミングが、利益確定ポイントとして使うことが出来ます。

もっと早めに利益確定したい方は、実体が小さくなってきた段階で利確してもいいでしょう。

利益確定ポイント

平均足と相性の良いテクニカル分析

上記のテクニカル分析と組み合わせることで、利益の残しやすいエントリーをすることが出来ます。

項目は、全て解説ページがありますので、リンクをつけています。

気になるものはクリックしてください。

平均足がアプリで使えるFX会社

平均足がアプリで使えるFX会社は、多いですが、中にはアプリでは使用できないFX会社もあります。

また、FX初心者であれば、1,000通貨から取引することをおすすめしています。

以上2点の条件を満たしている、おすすめできるヒロセ通商です。

ヒロセ通商は、上記2つの条件をクリアしている他、スプレッドが安いことや、スワップポイントが多いことなど、おすすめ出来る項目は多いFX会社です。

もちろん無料で、口座開設出来ます。

今回の平均足を使ってみたいと言う方は、開設してトレードに活かしてください。



ヒロセ通商について詳しく知りたい方は、下記リンクを参考にしてください。

FX口座!ヒロセ通商(LIONFX)に向いている人とは?

まとめ

今回は、FX初心者でも簡単に使えるテクニカルである平均足について解説しました。

平均足は、誰でも簡単に使え、誰が使ってもブレなく使うことが出来ます。

平均足を使うことにより、テクニカル分析を覚えきれていない、FXはじめたての方でも簡単に相場の転換期を見つけることが出来ます。

「テクニカル分析について、まだ不安だ」と言う方は、まずは平均足から使用することをおすすめします。

それでは、今回のまとめです。

平均足の特徴

平均足の特徴①:平均値で構成されている

平均足の特徴②:陽線or陰線が連続して出現することが多い

平均足の特徴③:平均足のヒゲは、ローソク足と違う

平均足の特徴④:トレーダーによる誤差がない

平均足の弱点

平均足の弱点①:終値が、平均値のため現在地の把握ができない

平均足の弱点②:頭から尻尾までの値幅を取ることが出来ない

平均足の弱点③:窓が出現しない

平均足の活用方法

平均足の活用方法①:トレンドの強さ・方向の把握に活用

平均足の活用方法②:押し目買い・戻り売りのエントリーに活用

平均足の活用方法③:利益確定時に活用

平均足がアプリで使えるFX会社

FX初心者に向いているFX口座は、ヒロセ通商です。

平均足が使え、1,000通貨からトレード出来る上、スプレッドが安い、スキャルピングもできるなどおすすめポイントが多いです。

以上参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA