FX初心者でもFX口座は分けて持とう!

多くのトレーダーはFX口座を複数持っています。

今回はなぜFX口座を複数持った方がいいのか?について解説しました!

これをみて共感された方はぜひ2つ以上の口座を持つようにしましょう!

FX口座を複数個持った方がいい理由

①トレードスタイルごとに分けることにより資金管理がしやすくなる。

新興国通貨は長期保有目線で持つことが多いです。

その際のレバレッジは1〜高くても3倍くらいが良いところです。

レバレッジを低くしておくことにより、ロスカットを防ぐためです。

スイングトレード用として使っている口座で、スキャルピングなどを行い証拠金を減らしてしまっては、自然とレバレッジが上がってしまいます。

そのため、トレードスタイルごとに分けておくことが理想です。

私はスキャルピング〜デイトレードの時間軸が短いトレードはDMMFXを使っています。


こちらです。アプリがかなり見やすいです。

経済指標なども見やすいためずっと使っている口座です。

スイングトレードで扱っている口座はヒロセ通商です。


こちらです。スワップポイントがどの通貨でも平均して高いため長期運用に向いています。

毎月色々キャンペーンもやっている面白いFX会社でもあります。

PC用のアプリがあるため、扱いやすい口座です。

②資金を分散することによるリスク回避。

資産を分散することにより急激な予期せぬ暴騰・暴落が起きた時でもロスカットされる金額を下げるためです。

資金を口座に入れておけばおくほどロスカットされる金額も自然と上がっていきます。

余談ですが、口座により表記の仕方が違います。

DMMFXの場合証拠金維持率が50%で強制決済・ヒロセ通商の場合有効証拠維持率が100%で強制決済されます。

別にどっちが良い悪いはないです。

通常資金管理をしていれば、まずロスカットをされることなんてあり得ませんので。

しかし、いついかなるタイミングで暴騰・暴落が起こるかは分かりません。

それに備えた対策は打っておくべきです。

③スワップポイントが各社ごとに違う。

スワップポイントが各社ごとに違うため、有利にエントリーできるよう工夫します。

例えば、USD/JPYのスワップポイントで考えてみましょう。

分かりやすいように同じ金額のエントリーロット数で考えます。

DMMFXは、平均買い(ロング)が15円、売り(ショート)が△15円

ヒロセ通商は、平均買い(ロング)が20円、売り(ショート)が△83円

※△=マイナス

上記のことからロングはヒロセ通商が良いことは分かります。

逆にショートはDMMの方が良いことが分かります。

このようにロングとショートで使い分けることも可能です。

スワップは各社ごと、通貨ペアごとにより変わるので全てが同じロングならヒロセ通商、ショートならDMMのように分けることはできませんが、そのうち勝手に身につきます!

まとめ

FX口座を分けることにより1つの口座で取引しているよりも選択肢の幅が増えます。

1つの口座しか持っていない方は、今後のトレード環境を整えるために是非新たな口座作成をしてください。

口座開設は無料です!

ちなみに、私がいつも紹介しているFX口座の他にあと2社ほど口座を持っています。

その2つの口座はあまり使い勝手がよくなかったため現在使用していません。

私は、いつも紹介しているDMMFX、ヒロセ通商の2つが使いやすいと思っているので、開設していない方は使ってみてください。

当サイトのおすすめ口座について詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください。

初心者はまず口座開設!DMMFXの魅力

初心者はまず口座開設!ヒロセ通商(LIONFX)の魅力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA