FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜機能する水平線の引き方〜

FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜機能する水平線〜

水平線が全然機能しない…

チャート画面が水平線だらけになる…

このような悩みをお持ちじゃないですか?

水平線は、引こうと思うといくらでも引けてしまいます。

だから、機能しないです。

だから、チャート画面が水平線だらけになってしまいます。

水平線は、ちゃんとルール知った状態で引くことが出来れば、非常に優秀なテクニカル分析です。

本記事の内容
  • 機能する水平線の引き方
  • 水平線の活用方法
  • 水平線の注意点

このようなことが学べます。

実際に水平線を使ったトレード手法については、FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜を参考にしてください。

水平線とは?チャート上に引いた線

水平線がどのようなものか知りたい場合は、「+」を押してください。

水平線の例

水平線とは、反発ポイントを結んで、一直線に引いた線のことです。

水平線は、過去に意識されていた価格レートを分かりやすくするために使用します。

過去に意識されていた価格レートは、今後も意識される可能性が高いです。

意識される可能性があるため、水平線は反発ポイントとして、意識されることが多いです。

機能する水平線を引くことができれば、トレード利益を出しやすくすることができるようになるでしょう。

水平線の特徴

水平線の特徴を知っておくことで、実際に使う際に活かすことができます。

水平線の特徴は4つあります。

水平線の特徴
  • 2つの種類がある
  • 性能が逆になる
  • ピッタリ反転するとは限らない
  • レンジ相場でも使える

特徴①:2つの種類がある

レジスタンス・サポートラインのイメージ図

水平線には、サポートライン(下値支持線)・レジスタンスライン(上値抵抗線)の機能があります。

サポートライン・レジスタンスラインどちらも、近づいた時に再度反転する可能性があります。

この特性は、レンジ相場時に有効です。

レンジ相場が比較的多い、USD/JPYで使用すると効果的に利益を出すことができるでしょう。

トレンド発生時には、サポートライン・レジスタンスラインどちらブレイクします。

特徴②:性質が変わる

レジスタンス→サポートになるとき

水平線のブレイク後は、性質が逆になり、サポートライン→レジスタンスラインもしくはレジスタンスライン→サポートラインに変わることがあります。

下図は、実際のチャート画面です。

レジスタンス→サポートになるとき実践

左側では、レジスタンスラインとして機能していました。

しかし、右側では、逆にサポートラインとして機能していることが分かるかと思います。

上図のように、実際のチャートでも頻発して起こる現象です。

上2つの図のように、サポート・レジスタンスの機能が反転した場合は、トレンドが発生している可能性あります。

トレンドが発生する可能性がありますので、サポート・レジスタンスの機能が反転した場合は、積極的にエントリーして行きたい場面です。

ただし、反発を確認してからエントリーをする必要があります。

反発を確認することに優れている、平均足を併用して使用することで、精度の高いエントリーをすることができるようになります。

特徴③:ピッタリ反転するとは限らない

水平線にタッチしたからと言って、ピッタリで反発することはあまり有りません。

一度抜けてから、反発することが多いです。

上図で確認すると分かりますが、反応ポイントのほとんどが、水平線を超えてから反発しています。

水平線は、「だいたいこれくらいで反発するかも」と思っておきましょう。

そのため、水平線だけでのトレードをするわけではなく、他のテクニカル分析と一緒に使うことで勝率を上げることがきでます。

特徴④:レンジ相場でも使える

水平線はレンジ相場でも使える

水平線は、レンジ相場でも使うことが出来ます。

トレンドラインや移動平均は、トレンドが発生している時に使うテクニカル分析です。

他にも、トレンドに特化したテクニカル分析は多いですが、レンジ相場に対応しているテクニカル分析は少ないです。

レンジ相場でも利益を残したいと思っているなら、積極的に水平線を取り入れて下さい。

水平線の注意点

水平線って全然機能しない…

このような、悩みをお持ちの方は水平線の弱点を知らないからかもしれません。

水平線は非常に優秀なテクニカル分析で、今後あなたのトレードに必ず活かせるものです。

注意点をしっかり把握して、間違った使い方をしないようにしていきましょう。

水平線の弱点は6つあります。

水平線の注意点
  1. いくらでも引ける
  2. タッチでエントリーはダメ
  3. 水平線だけでは利益を残しにくい
  4. ブレイクエントリーはダメ
  5. ローソク足で引く
  6. 反発回数が多いほどブレイク

注意点①:いくらでも引ける

水平線は、引こうと思うといくらでも引けてしまいます。

これでは、機能しない水平線が出来てしまって、当たり前です。

水平線を引く上で意識するべきことは、時間軸です。

時間軸さえ間違っていなければ、大きく間違った水平線を引くことはありません。

注意点②:タッチでエントリーはだめ

水平線は、水平線ピッタリの価格で反応することの方が珍しいです。

あくまでも「目安」として使いましょう。

他のテクニカル分析と合わせることにより、精度の高いエントリーが出来るようになります。

注意点③:水平線だけでは利益を残しにくい

水平線は、非常に優秀なテクニカルツールです。

しかし、水平線だけのトレードはおすすめしません。

水平線があくまでも「目安」だからです。

ピッタリ反応してくれることが多ければ、エントリーも心置きなく出来ます。

しかし、ピッタリ反応するわけではない以上、他のテクニカル分析と合わせて使って始めて効果が出てくるテクニカル分析です。

以上のことから、水平線だけでのトレードはおすすめしません。

注意点④:ブレイクエントリーはダメ

水平線の、ブレイク直後のエントリーは非常に信憑性にかけます。

ここでも、水平線の特徴である、ピッタリ反応するわけではないと言うところが関わってきます。

そのため、ブレイク直後のエントリーを狙うのではなく、押し目買いや、戻り売りでエントリーすることで勝率が上がります。

注意点⑤:ローソク足で引く

水平線を引くときは、ローソク足で引いた方が分かりやすいです。

平均足の場合、ヒゲの判断は出来ても、「実体」の判断が出来ません。

平均足の終値は、「始値」+「終値」+「高値」+「安値」を割ったものです。

これでは、正確な終わりが分からないため、水平線を引くときは、ローソク足に設定を変えてやるようにしましょう。

注意点⑥:反発回数が多いほどブレイクする

水平線は、反発回数が多いほどブレイクしやすいです

回数を重ねるほど、反発勢力が減ってしまうためです。

水平線で反発している回数が、4回以上あれば、「そろそろブレイクされる可能性が高いな」と思っておいた方がいいでしょう。

水平線の引き方

水平線の引き方を、覚えることによって、しっかり機能する水平線を引くことが出来ます。

5項目と多いのですが、1つ1つは難しいものではないので、次回水平線を引くときから意識して実践して下さい。

水平線の引き方
  • 高値・安値
  • 時間軸
  • ヒゲも入れるか
  • キリ番に引く
  • 優先度は右→左

引き方①:高値・安値

水平線を引くにときは、高値・安値にだけ引いて下さい。

大事な節目であるほど、効果の強い水平線になります。

引き方②:時間軸

水平線が画面いっぱいに、表示されている方はこれが原因の可能性があります。

水平線は、日足と週足だけで十分です。

トレードスタイルにより、見ている時間軸は異なります。

  • スキャルピング=短期〜長期の時間軸
  • デイトレード=中期〜長期の時間軸
  • スイングトレード=長期の時間軸

長期の時間軸は、どのトレードスタイルでも見ています。

そのため、機能する水平線を引くことが出来ます。

引き方③:ヒゲも入れるか

ヒゲに関しては、反発点の多いの方で引きます。

水平線は、ピッタリで反応することもあれば、1度抜けた後に戻ることもあります。

反発点が少なければ、それは意識されてない証です。

実際に引いてみて、判断しましょう。

引き方④:キリ番に引く

キリ番は、意識されます。

特に、「0」が、多いほど意識され、高い確率で反発します。

直近で「0」が、価格帯まで届いていなかったとしても将来的に近づく可能性は十分にあります。

「0」が多い価格帯は、現在の価格が近くなくても水平線を引いておきましょう。

将来的に使える可能性が高いです。

引き方⑤:優先度は右→左

水平線を引くときは、現在価格に近い方から水平線を引くようにして下さい。

一般的に直近の高値を意識しているトレーダーが多いです。

そのため、直近の高値・安値から水平線を引くことにより、自然とトレーダーが意識している水平線を引くことが出来るようになります。

水平線の活用方法

水平線は、単体で使わないようにしましょう。

他のテクニカル分析と合わせて使うことにより、効果的な水平線になります。

活用方法は2種類です。

  • 活用方法①:エントリー
  • 活用方法②:利益確定

活用方法①:エントリー

水平線を使った、エントリー方法は2種類あります。

2種類を使いこなすことにより、精度の高いエントリーが出来るようになります。

反発エントリー

水平線:反発を使ったエントリー例

水平線は、反発ポイントとして活用できます。

反発したことを確認してから、エントリーすることにより、精度がかなり高くなります。

反発確認には、平均足がおすすめです。

簡単に反発を確認することができます。

平均足について詳しく知りたい場合は、FX初心者でも簡単にテクニカル分析〜平均足を徹底解説〜を参考にしてください。

水平線は、「この辺りで反発しそうだな」このように「目安」として使ってください。

「目安」として使うためにも、他のテクニカル分析と合わせて使うと効果的です。

他のテクニカル分析と合わせた手法については、FXやっているなら誰でも必ずできる超シンプルな手法〜これ「だけ」を意識〜を参考にしてください。

押し目買い・戻り売りエントリー

水平線:戻り売りを使ったエントリー例

水平線をブレイクした場合、その水平線を押し目買いや戻り売りの基準として使うことが出来ます。

水平線は、1度ブレイクして抜けた場合、レジスタンス→サポートもしくは、サポート→レジスタンスとして機能することが、多いです。

ブレイクしたからと、飛び乗りでエントリーするのではなく、飛び乗りたい気持ちを我慢しましょう。

その後、水平線に近づいてきてからエントリーすると、リスクリワードが良いエントリーが出来るようになります。

こちらも、他のテクニカル分析と合わせて使うと効果的です。

活用方法②:利益確定

FXで利益を出し続けるためには、利益確定が重要です。

水平線は、利益確定で使うと非常に有効的なテクニカル分析です。

多くのトレーダーは、日足、週足の水平線を意識しています。

そのため、水平線に近づいてきたタイミングで、反発する可能性があります。

もちろん、相場が強ければ、反発せずにそのまま続伸することもあります。

しかし、反発か続伸の判断が難しいです。

そのため、水平線に近づいたら一度利益確定しましょう。

その後の動きを観察して強いトレンドであれば再度エントリーするようにしましょう。

相性の良いテクニカル分析

水平線は、他のテクニカル分析と組み合わせることで、非常に優秀なテクニカル分析になります。

初心者のうちは、水平線単独でのトレードは避け、上記テクニカル分析と合わせて精度の高いトレードをするようにしましょう。

相性の良いFX会社

おすすめのFX会社は、あなたのトレード方法によって異なります。

あなたの使い方によって、口座開設して下さい。

  • スマホのトレードがメイン=ヒロセ通商
  • PCのトレードがメイン=DMMFX

おすすめFX会社①:ヒロセ通商

スマホでのトレードをメインにしたい方のおすすめFX会社は、ヒロセ通商一択です。

ヒロセ通商のアプリの、水平線は他のFX会社と比べ、非常に優秀です。

他のFX会社が提供しているアプリだと、時間軸を変えるとせっかく引いた水平線が表示されません。

これでは、日足や週足で引いたのに意味がなくなります。

FX会社のアプリで水平線を引きたい場合は、ヒロセ通商一択です。

ヒロセ通商に付いて詳しく知りたい方は、下記記事を参考にしてください。

おすすめFX会社②:DMMFX

PCのトレードをメインにしたい方には、DMMFXがおすすめです。

DMMFXが提供している取引ツールは、他のFX会社よりもテクニカル分析が出来ます。

他のFX会社でも出来ることは、網羅されており、さらにプラスアルファの機能が付いています。

PCをメインにしてトレードする場合は、DMMFXをおすすめします。
DMM FXについて、さらに詳しく知りたい方は、下記記事を参考にしてください。

まとめ

今回は、「FX初心者でも簡単に機能する水平線」について解説しました。

水平線は、単体では使いにくいところもありますが、他のテクニカル分析と合わせると非常に優秀な分析方法です。

今回の記事に書かれていることを、意識して水平線を引くことで、機能する水平線を誰でも引くことが出来るようになります。

長い記事になってしまいましたが、要点だけでも抑えて、参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA