FX初心者が見落としがち?マルチタイムフレーム分析とは?

皆様はマルチタイムフレーム分析をしているでしょうか?

FX初心者の方は見落としがちな考え方の1つですので、今回はマルチタイムフレーム分析について解説していきます。

今回の記事では、

マルチタイムフレーム分析ってなに?

マルチタイムフレーム分析ってやった方がいいの?

マルチタイムフレーム分析のやり方は?

このような方におすすめの内容です。

皆様のトレードの参考にしてください。

マルチタイムフレーム分析とは?

マルチタイムフレーム分析とは、短期・中期・長期のチャートを見て、相場の全体像を把握して、エントリーポイントを探す分析方法です。

マルチタイム分析は、スキャルピング・デイトレード・スイングトレードどのトレードスタイルでも行った方がいい分析方法です。

流れとしては、長期>中期>短期とチャートを確認していきます。

相場の全体の流れを把握することで、良いエントリーポイントを捉えやすくなりますので、覚えておきましょう。

マルチタイムフレーム分析の手順

相場の流れを把握

長期の時間軸は、週足・日足

中期の時間軸は、4時間足・1時間足

短期の時間軸は、15分足・5分足

この辺りを参考にすると良いでしょう。

実際にやってみましょう。

①長期(日足)

上昇していたトレンドが落ち着き下落を始めたところです。

②中期(4時間足)

完全に下落していることが分かります。

③短期(15分足)

トレンドは発生しておらず、レンジ相場を形成しているようです。

全体の流れの把握ができました。

現在は、大枠では下降トレンド、現状はレンジ相場のようです。

これで現在の相場の流れを把握することができました。

全部の期間で上昇or下降トレンドになっている時が大きいトレンドとして認識することができます。

エントリーポイントを探す

全体の相場感が見えてきましたので、次はエントリーポイントを探していきます。

今回の場合、長期・中期と下降トレンドを形成してます。

短期の時間軸で下降トレンドになるタイミングを見定めてエントリーしていきます。

エントリーポイントを探す時は、トレンドラインや、移動平均線などを目印にし、反転ポイントを探していきましょう。

今回は、日足にトレンドラインを引きました。

15分足でトレンドラインをみてみると少し離れていることが分かります。

1つの目安は、トレンドライン付近での反転となります。

エントリーする際は根拠を3つくらい重なるポイントでエントリーすることを推奨してします。

例えば、トレンドライン+平均足の反転+移動平均線など3つ以上の反転ポイントが重なったタイミングでエントリーするようにしましょう。

今回ご紹介しているエントリー方法は順張り手法の考え方です。

ただし、長期目線では順張りでも、短期目線では逆張りになる手法になります。

押し目買いや押し目売りと呼ばれるものです。

エントリーの鉄板的な考え方ですので、覚えておいておきましょう。

各種エントリー方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

FX初心者のためのテクニカル分析②トレンドライン

FX初心者におすすめトレンド見極めに最適!平均足!

FX初心者はこれを表示させるべし!移動平均線!

注意点

長期足のトレンドに逆らわない

長期の足であればあるほど強いトレンドが発生しています。

今回のチャートで、仮に15分足だけ上昇トレンドでもロングエントリーをしてはいけません。

高確率で長期、中期のトレンドに逆らえず反転する可能性が高いです。

当然相場に絶対はないので、そのままトレンド転換することはあります。

しかし、大きい経済指標あったり、大口の注文が入らない限りトレンドはそう簡単に変わりません。

まとめ

今回はマルチタイムフレーム分析について書きました。

マルチタイムフレーム分析を使うことにより、エントリーポイントを精査することができます。

まとめましょう。

まずは、相場の流れを把握しましょう。

長期の時間軸は、週足・日足

中期の時間軸は、4時間足・1時間足

短期の時間軸は、15分足・5分足

この辺りを参考にしてマルチタイム分析をしましょう。

全部の期間で上昇or下降トレンドになっている時が大きいトレンドとして認識することができます。

エントリーポイントを探す。

全体の流れを把握したら、長期足のトレンド方向になるように、短期足でタイミングを見定めてエントリーしていきます。

エントリーポイントを探す時は、トレンドラインや、移動平均線などを目印にし、反転ポイントを探していきましょう。

エントリーする際は根拠を3つくらい重なるポイントでエントリーすることを推奨してします。

例えば、トレンドライン+平均足の反転+移動平均線など3つ以上の反転ポイントが重なったタイミングがエントリーポイントとなります。

注意点。

長期足のトレンドに逆らわないようにしましょう。

今回は以上です。マルチタイムフレーム分析を使い利益をどんどん残していってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA